マネー
OL投資ブログ

「投資リスク」は怖くない?金融でのリスクの意味とは?

こんにちは!
東京都在住のwithLab STAR100兼withLabエディターの下村さきです。

withLabで投資女子プロジェクトがスタート!

pattern_1
第2回目セミナーの様子
以前ブログに書いた通り、withLabで『withLab投資女子プロジェクト』が始動しました!
私の投資歴は約10年。
主な投資先は、国内株式(NISAも使用)、積み立て投資信託です。

が!
ほとんど知識ゼロで続けてきたので、誰かに「投資とは?」を説明できるかと言えば、できません……。
そこで、このプロジェクトを通じて、改めて知識を定着させ、もっと効率的に投資していくことを目標としています。

早速ですが、今回は、「投資のリスク」についてまとめていきます。

ズバリ『投資のリスク』とは?

pattern_1
ズバリ、『投資のリスク』とは……!?

「リターンの振れ幅があること」です。

ハテナ……? と思った方も多いと思います。
なぜなら、一般的に『リスク』という言葉は、「危険」「冒険的」「危ない」などの意味で使われるからです。

でも、金融の世界では、リスクは危険ではなく、「リターンの振れ幅」のことを指すんですね。
それでは、リターンの振れ幅とは何かを詳しく見ていきます。

ローリスクハイリターンの投資はない!

pattern_1
みなさん、「預貯金」はご存知ですね?
そうです、「銀行にお金を預けること」です。

銀行にお金を預けると、減ることはありません(ローリスク)が、最近の金利では預けた金額以上に増えることもほとんどありません(ローリターン)よね。
これこそが、リスクが低い(ローリスク)の意味となっています。
つまり、ローリスクな商品はローリターン(リターンの振れ幅がないい)でしかないのです。

逆に、投資で有名な株式や投資信託は元本保証がありません。
元本保証がないというのは、つまり、預貯金と違って預けたお金が減る(ハイリスク)ことがあるということです。

その一方で、預貯金なら100万円預けても1年後に数円の利息しかつきませんが(利率0.001%など、税引き後で計算)、24万円で購入した株が1年で10万円以上値上がりし、さらに、その間に3000円の配当金ももらえることもあるのです!(ハイリターン)

なんとなく、わかりましたか?
つまり、「投資はリスクがある」というのは、「リスクがあるから、お金を増やすことができる」という意味にもなるのです。

余談ですが、大事なことを……。
ここまで見てきてわかるように、世の中に「ローリスクハイリターン」商品はありません!
「絶対に儲かる」とか「リスクなく、これだけお金が増える」というのは、200%間違いなく詐欺です。
自分や、周りの大切な人にぜひ教えてあげてくださいね!
次のページ>>「投資のリスク」の他の意味合いって!?  
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ