マネー
OL投資ブログ

知っていると投資に差がつく!「インデックスファンド」を活用するメリットを解説します

初心者さんの強い味方!【インデックスファンド】を選ぶ理由とは?

こんにちは。withLab STAR100&エディターの土井菜月です。
withLab投資女子プロジェクトに参加中です!

突然ですが、インデックスファンドって皆さんご存知でしょうか? 実は、初心者さんはもちろん、忙しくて銘柄を選ぶ余裕がない方にもおすすめの仕組みなんです!
今回はインデックスファンドを選ぶメリットを徹底解説します。

\インデックスファンドのいいところは大きく3つ/

pattern_1

① アクティブファンドと比較してコストを抑えられる

pattern_1
コストを制すものは投資を制す」というぐらい、コスト管理は大切。どのような投資においても、価格の変動が発生しますが、手数料こそが自分でコントロールできる部分だからです。

インデックスファンドは、ベンチマークと連動するリターンを目指すのに対し、アクティブファンドはファンドマネージャーと呼ばれる人たちがベンチマークを上回るリターンを目指すものなので、その分の手数料が上乗せされます。

高いリターンを得られそうなアクティブファンドを見極められるようになるには、知識と慣れが必要ということもあり、初心者さんにはインデックスファンドがおすすめです。

アクティブファンドだからといって必ずしもパフォーマンスが良いわけではない?

pattern_1
指数と比較して、パフォーマンスが低かったアクティブファンドが、実は半分以上というのも知っておいたほうが良いポイントです。

特に、大型株ファンドに関しては、S&P/TOPIX150と比較して約78%が下回っています。
pattern_1

② インデックスファンドを選ぶだけで分散投資ができる

投資では、1つの銘柄が暴落しても資金を失うことを防ぐために分散投資をする事が重要。インデックス投資では、1つの銘柄を買うだけで、少額からでも市場全体に分散投資する事が可能です。

③ シンプルでわかりやすい

インデックス投資では、個別株に比べて銘柄数も限られていて、難しい分析をしなくても商品を選べます。

選ぶ基準も、日経平均株価、ダウ平均株価など、どの指数と連動しているものを選ぶのか、日本株なのか米国株なのか、といったシンプルなことなので、初心者さんでも抵抗なく選べると思います。

私もインデックス投資を始めています!

pattern_1
ニッセイTOPIXインデックスファンドは、東京証券取引所第一部上場全銘柄を対象として、算出・公表している株価指数(TOPIX)に連動するインデックスファンド。
一方で、iFree S&P500インデックスは、主要上場市場が米国の取引所(ニューヨーク証券取引所、NASDAQ等)の米国企業で、流動性がある大型株から選ばれた500銘柄で構成されたS&P500という指数に連動するものです。

ニュースでもよく耳にする指標なので、わかりやすく、身近に感じられるのも初心者さんにおすすめな理由の一つです。皆さんも一緒に、インデックス投資をはじめてみませんか?​
 
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ