マネー
OL投資ブログ

投資初心者が解説!「投資信託」購入後に確認すべき3つの書類とは…

こんにちは♪
withLabエディターの山口莉奈です。

今回も参加しているwithLab投資女子プロジェクトについてご報告していきます!

投資信託は購入したらOK! というわけではありません。運用をして初めて面白さや楽しさを感じられるようになります。
今回は、投資信託を購入した後のhow toをご紹介したいと思います。

投信後は’’3つのある物’’を見れば怖いものなし!

投資信託を購入した後は、たくさん書類が来たりするので、結局どの書類をチェックすれば良いの? と悩む方もいるはず。
投資信託を長く続けていく場合には、日々の投資信託の動きが大切になってきます。
そんな方にこれを見ておけば大丈夫! な3つの書類をご紹介します。

<確認する書類はこの3つ! >
1.運用レポート
2.運用報告書
3.トータルリターン通知制度

1. 運用レポート

月間で出るもので1ヵ月の運用成績が分かります。月間レポート、月次レポートとも言われています。

ネットでチェックができ毎月発表されるものなので、短期の振り返りや投資先の確認に役立ちます。

書式自体は運用会社によって異なりますが、記載の内容はだいたい一緒なので、下の図を見ながらご説明します。
pattern_1
基準価額の推移・純資産総額の推移
グラフ一目で基準価額や純資産総額の推移が確認できるので、何かを購入するときにここを参考に見ると良いです。

騰落率
ファンドとベンチマークがのように動いているかが確認できます。
「設定来」という項目で、ファンド設立以降どのように上がったり下がったりしているかを見れらます。

上位組み入れ通貨・上位組み入れ銘柄
どれくらいの銘柄が投資されていて、どのくらいの割合で投資されているのが分かります。どんなところに分散されているかということが分かるので、アクティブファンドでも活用ができるそうです。

分配金
分配金がいくら払われているかが見られます。※最近では出ないファンドの方が多いそうです。

※分配金とは…投資信託の運用利益を保有者に支払うこと

2. 運用報告書

pattern_1
半年や1年ごと(決算ごとの発表)に送られてくるので、少し長めのスパンで運用を振り返るのに役立ちます! 運用の細かい内容が書かれており、物によっては何百ページある物も。こちらもネットでチェックができます。

運用報告書では主に以下を確認しましょう!
運用の実績
期中の基準画額の推移の説明
投資環境について
今後の運用方針や見通し

3. トータルリターン通知制度

トータルリターン通知制度は、自分の投資の成績表みたいなもので、自分の利益がどれくらい出ているのか確認できる書類になります。

金融機関によって異なりますが年に1回発行され、ネットや書面で確認ができます。(※取引報告書に書かれていることもあります)これを見ることで、分配金込みの通算損益がわかります。

トータルリターンとは、
現在の評価金額
累積分配金
累積売却金額
累積買付金額

を示したものです。
上記が分かることで、実際の利益の合計が分かるようになります。

初心者でもはじめの一歩を踏み出そう!

pattern_1
私も、実際に投資初心者ながらアクティブファンドを運用し始めました。今も記事を書くかたわら、知らないことばかりで、焦ったり、不安になったりする機会の方が多いですが、荒木先生の講義で毎回吸収させていただき、初心者なりに精一杯お伝えしています。経験者のような熟知した記事を書くのは難しいけれど、初心者目線でこれからも気がついたことをたくさんお伝えしていきたいです。
 
17 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ