マネー
OL投資ブログ

【投資のその後】どのくらいの頻度でチェックすべき?【30代からノリで始める初めての投資レポ-vol.3-】

こんにちは。withLab STAR100&エディターの島崎レイコです。

1月からスタートした「withLab投資女子プロジェクト」。
第2回のお題は、投資のリスクや管理方法など、いわゆる初心者の不安を解決するための内容となっておりました。

「お金の運用、やってみたいけど、アレやコレがわからないから手を出せずにいる……」その「アレ」や「コレ」を、ファイナンシャルプランナーの荒木先生に徹底的に質問して、理解して、不安な状態を少しでも無くしてから投資をスタートできるのが、このプロジェクトの良いところ。

今回はそんな、初心者が特に不安を抱きがちなあるあるお悩みの一つである「投資後のケア」についてまとめてみました。

*「withLab投資女子プロジェクト」の詳細はこちら!

まずは「投資の原則」を念頭に!

pattern_1
そもそも、投資を行うにあたって覚えておきたい大原則、って何かわかりますか?

意外と単純で、誰もが感じたことのあることだと思うのですが......

・いい銘柄を安く買うこと!

・そしてそれを長く持ち続けること!

とってもシンプルに、この2点だそうです。

たとえ買うものが金融商材でも、失敗しないお買い物の大原則って、服や靴を買う場合と同じなんですね。
良いものをなるべくお手頃な価格で購入して、長く愛用する。

投資の原則として教えてもらうと、改めて納得です。

投資後は......何をしたらいい?

pattern_1
さてそんな投資の原則に則って、何らかの金融商品を購入したとします。

「何をどうやって買ったらいいのか?」ということと同じくらい気になるのが、「買った『その後』はどうしたらいいの?」ということ。

特に、為替や株の値動きは日々のニュースでも耳にするので、「もしかして金融商品って、買った後に逐一チェックして管理し続けないと損しちゃうんじゃないの……!?」と思う方も多いはず。

ですが、これも実は結構シンプルなアドバイスをいただきました。

・つみたて投資なら、月1くらいのチェックでOK!

毎日、毎時間、ネットやテレビに張り付いて値動きをチェックして売り買いして……といったイメージを抱かれがちな金融商品ですが、そもそも先程の「投資の原則」にもあった通り、「長く持ち続けること」を前提として購入するわけなので、例えばつみたて投資なら月に1回くらいで十分だそう。

むしろ一番大切なのは、買った商品が今どうなっているか? を定期的にチェックする習慣を身につけること。毎月月初に、価格の変動と、その理由を合わせてチェックする。ただそれだけのプロセスでも、毎月毎月、積み重ねていくことで、相場観が身についてくるはず。

毎月1000円ずつでも、自分の大切なお金を実際に投資していれば、世の中の動きと自分の持っている金融商品の価格変動がどのような関係性にあるのか? 敏感になりますよね。

身の回りの出来事を「投資」というフィルターを通して見るクセをつけることができるところも、実際に投資を行うことの醍醐味のひとつかなと思います。

損得勘定より広い視野を持とう!

pattern_1
お金はやっぱり増やしたい! 損はしたくない!

投資を始めるにあたり、誰もがそう思うはず(もちろん私もそうです!)。

ですが……、
そもそも「長く持つ」ことを前提に商品を選び、投資を始めることで、日々の小さな値動きよりも、「なぜ上がったのか?」「なぜ下がったのか??」その理由に目が向くようになってきます。

自分が何かお買い物をするときも、「なぜこれが欲しくなったのかな?」「どうしてここで買うのかな?」なんてことにふと思いを巡らせれば、投資のヒントが見えてくるかもしれません。

……と、まるで投資を始めたかのような口ぶりで書いていますが、私もまだ、金融商品を実際に購入するまでには至っていません。

ここまでの講座2回分で、投資の原則や考え方を教えていただいたので、これから具体的に、何をどう購入していくか? を考えていきたいと思います。

引き続きゆるゆるとお付き合いいただけると嬉しいです!
 
17 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ