マネー
OL投資ブログ

【投資レポ】今月のリターンは◯万円?!ところで『投資のゴール』はどうすればいい?

こんにちは!
東京都在住のwithLab STAR100兼withLabエディターの下村さきです。

「withLab投資女子プロジェクト」今回のテーマは、『投資の出口戦略』

pattern_1
現在、「withLab投資女子プロジェクト」に参加しています!

今回は、ラスト2回ということで、『投資をつかいこなすには?』を学びました。
その中で、私の書くテーマは「投資の出口戦略」です。

投資の出口戦略とは?

pattern_1
投資の出口戦略とは、つまり『投資のゴール』のことです。
「投資生活がスタートしたのはいいけど、一体最後はどうなるの?」を今回学びます。

つみたてNISAとiDeCoの出口戦略は?

つみたてNISAとiDeCoの出口戦略の合言葉は…「私、失敗しないので!」です。
頼もしいですね!もちろん絶対に失敗しないわけではありませんが、プラスのリターンを得る可能性が高いのです。
その理由は2つあります。

1つ目は、どちらも長期投資だから。
5年などの短いスパンでの投資は、「いつ買って、いつ売るか」ということが最重要になります。
が、つみたてNISAやiDeCoのように20年ほどの長いスパンで行う投資は、過去のデータでは基本的に値上がりしてきたので、今後もその傾向が続くと考えると、細かい出口戦略をしなくて良いとのこと!
細かく気にしなくていいのは、本当に嬉しいですよね。

2つ目は、世界経済の成長。
投資とは、企業が成長することで私たちにリターンがありますよね。
資本主義社会では、企業は長い目で成長するものと考えられます。
ですから、私たちにかえってくるリターン=お金も増えるはず!ということです。

こうした理由から、つみたてNISAとiDeCoに関しては、細かい出口戦略は不要!
もちろん、ライフプランにそったその時々の戦略は必要ですが、ずっとチャートに張り付いていなくていいという意味では初心者にはありがたい話ですよね。
じっくり長期投資を続けていきましょう!

そのほか、投資全般の出口戦略は?

そのほか、投資全般の出口戦略について、大事なのはただ一つ!
『ルールを決めること』です。

いくら増やしたいのか、ここまで下がったら売る、なにがなんでも保有…など、あらかじめ自分でルールを設定しておき、そのルールを守ることこそが大事になるそうです。
簡単なようで、実はこれが一番難しいかもですね…
下がったら早く手放したくなっちゃうし、上がったら「もっと上がるかも!」ってなかなか売れなくなっちゃったりするのが人間心理ですもんね…。

改めて、気を付けようと思います!
次のページ>>私の投資状況、どうなってる?
34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ