マネー
OL投資ブログ

投資初心者の私が選んだ銘柄はコレ!10秒でできる選び方を伝授します【投資信託】

みんなぶつかる【銘柄選び】の壁はコツさえ覚えれば怖くない?

こんにちは。withLab STAR100&エディターの土井菜月です。

証券口座を開設して、早速投資を始めようと思った矢先、最初にぶつかるのが「どの銘柄を選べばよいのかさっぱり分からない」という壁ではないでしょうか?
実は、私自身も今回のwithLab投資女子プロジェクトに参加する前から証券口座を開設していましたが、銘柄を選ぶのが面倒に感じてしまい、そのまま放置してしまっていたのです。

投資信託の銘柄名は「分解」すれば意味が分かる!

銘柄の見分け方は、分解すれば実は簡単!「ブランド名or運用会社名」、「投資対象」、「その他情報」で構成されていることが多いので、難しく捉えなくて大丈夫です。
pattern_1
例えば、「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」という銘柄だったら、「eMAXIS Slimというブランドで、先進国の株式に投資していて、運用方法はインデックス」と読み解くことができます。

ちなみに、「インデックス」とはベンチマークと呼ばれる指数(日本の場合は、日経平均株価、TOPIX、JPX日経400など)と連動するリターンを目指すもの。一方で、「アクティブ」と呼ばれるものがありますが、こちらはファンドマネージャーがベンチマークを上回るリターンを目指すものです。インデックスの方が手数料が安く、初心者さんにもおすすめです。

実際に私が選んだ銘柄がこちら

今まで教わったことを参考に、2つの口座に絞り込んでみました。

ニッセイTOPIXインデックスファンド

pattern_1
一つは国内株式に投資したいなと思ったので、TOPIX(東京証券取引所第一部上場全銘柄を対象として、算出・公表している株価指数)をベンチマークとしているインデックスファンドを選んでみました。

純資産は30億円以上がベターと教えていただきましたが、こちらもしっかりクリアしています。買付手数料が無いこともポイントです。

iFree S&P500インデックス

pattern_1
もう一つは米国株式がいいなと思ってこちらにしてみました。S&P500とは、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株式指数です。
管理費用は0.5%以下がベターと言われていますが、極力抑えたかったのでこちらにしました。

2つの銘柄を選んだらそれぞれの内訳は?

私の場合は、
・ニッセイTOPIXインデックスファンド:15,000円
・iFree S&P500インデックス:15,000円
合計30,000円

を毎月積み立てることにしました。

経過もまたレポートするので、引き続きよろしくお願いします!
 
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ