マネー
OL投資ブログ

初心者さん向けの投資信託!銘柄を決めました!【心配性ビビりなOLが投資を始めてみる#4】

こんばんは! withLabエディターの渡辺美帆です。

今年から参加しているwithLab投資女子プロジェクトも、今回で4回目となりました。

投資知識ゼロからのスタートでしたが、最近では経済系の音声配信を聞いたり、日々のニュースを見て、「今の世の中の動きだと株価にどう影響するんだろう……?」と考えるようになりました。
投資を学ぶことで、知識が身に付くのみならず、世の中の見方が変わってきたことを感じています。
(元々経済等の動きに疎かったこともあり、とても嬉しい変化です!)

さて、前回までに投資の基礎知識や投資信託の仕組み、口座開設の方法等を学んできましたが、今回は投資信託の【銘柄選び】についてのレッスンでした!
投資初心者にとっては最も迷ってしまうステップ。
今回学んできたノウハウを皆様にもお伝えしたいと思います♪

まずはテーマを選ぶ

テーマは大きく下の2つの掛け合わせとなります。

1.資産(アセット)……株式・債券など

リスク・リターンをどこまで許容するかで決めると良いようです。
基本的に、
株式はリスク・リターンともに大きい
債券はリスク・リターンともに小さい

という傾向があります。
「少しリスクが大きくてもいいから利益を出したい!」という方は株式メインのもの、「大きなリターンは求めないから、あまりリスクを取りたくないな……」という方は債券メインのものが向いているかと思います。そのほかにも、不動産(リート)などがあります。

2.投資先(通貨・国や地域)

こちらの選び方は大きく2つの分類があります。
①先進国・新興国・全世界
……対象の経済規模による選び方となります。

②日本・アメリカ・EU・豪州etc
……個別の国に対し投資をするタイプです。
自身で注目している地域がある! という方はもちろんそこを選ぶのも良いですが、よく分からない……という初心者の方は、経済規模が比較的大きい【先進国・全世界・日本・アメリカ】あたりから挑戦すると良いかと思います。国や地域を選ぶときは、経済の成長性、そして安心度を天秤にかけて検討していきましょう!

テーマを決めたら、次にチェックするポイントは3つ

1.運用方針

①インデックスファンド……ベンチマーク(日経平均株価など)と連動するリターンを目指す
②アクティブファンド……ファンドマネージャーがベンチマークを上回るリターンを目指す

これだけ聞くと、ベンチマークを上回るアクティブのほうがいいんじゃない!? と思われるかと思いますが、実は現状の投資信託では、アクティブファンドよりも運用成績が優れているというインデックスファンドも多くあります。
手数料もインデックスファンドのほうが安いので、初心者はまずはインデックスファンドから選んでみると良いと思います。

2.購入の時期

①単位型……期間限定品のようなもの 運用期限ありの投資信託
②追加型……いつでも買える投資信託 基本的に購入や売却に制限がない

単位型は買う時期・売る時期が決まっているものや運用期限が決まっているものが多く、なにかと制限が多いもの。
初心者はまずは追加型がおすすめとのことでした。

3.分配金
利益を投資家に還元する仕組みのことです。

①分配金あり…運用益の一部が定期的に受け取れる
②分配金なし…運用益を還元せずに、投資信託に組み入れて再投資する

分配金はもらったほうがお得では? と思われがちですが、分配金なし=その運用益を再投資することができます。
投資は長い目で積み立てていくことで複利を得やすくなるという特徴があるため、長期運用を検討しているのであれば分配金なしを選ぶと良いです。
次のページ>>投資初心者・心配性OLの私が選んだ銘柄は?  
14 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ