マネー
OL投資ブログ

【自分の許容範囲をチェックしよう】投資における「リスクリターン」のとり方とは?

ごきげんよう。
withLabエディターほしのゆいです。

現在、withLab投資女子プロジェクトで投資の勉強をしています。今年に入ってから始まったこちらの企画も、もう今回で6回目! 今回は「インデックスファンドのリスクリターン」について勉強していきました。

この記事を読んでいただければ、インデックスファンドについてさらに詳しくなれるはず! ぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

そもそも「インデックスファンド」って?(一緒に復習しよう)

pattern_1
インデックスファンドって皆さん覚えていますか? まずは今回の記事を書く前に「インデックスファンド」について復習しておきましょう。「インデックスファンド」とは「ベンチマーク(指標)とする指数と連動するリターンを目指す」ことでしたね。アクティブファンドと違って、インデックスファンドを選ぶメリットもたくさんありました。
代表的なものとしては「分散投資ができること」「手数料無料が多い」「シンプルでわかりやすい」という3つが、分かりやすいメリットではないでしょうか。

皆さんは【ナニで】インデックスファンドを選んでる?

pattern_1
皆さんはインデックスファンドを選ぶ時に何を基準として選んでいますでしょうか? きっと「何となく選んでみた」とか「国内より米国に比重を高くして投資したい」とか考えて投資している人もいらっしゃるかと思います。
リスクリターンの関係は? どの時期を切り取って比較するかでリスクリターンは変わってくるものなんです。まあ私たちも人間なので、せっかく投資するならリターンが多い方がいいですよね。リターンに目が行きがちだと思いますが。リスクにも目を向けてみてください。

毎年リスクリターンは変化する! 改めて自分の許容範囲を確かめよう

pattern_1
インデックスファンドは、直近の1年だけで成績を見るのは危険! 1年だけでみていくのではなく長期期間で見ていくことが大事、と荒木先生。特にチェックするポイントは「過去のリスク(振れ幅=値動きの幅)」をチェックするといいそう。

さあ、今一度チェックしてみよう♬︎♡

あらためて自分がどんな投資をしているのか、ぜひ見直してみましょう。もしかしたらかなりリスクが高い可能性があります。といっても、リスクをとるのが悪いわけではありませんのでご注意を。自分がどのくらいリスクを許容できるかを自分でしっかり把握しておくことが重要です。
私の場合、今回の企画でいろいろと勉強をしているものの、ずらっと並んだ数々の銘柄を一つひとつチェックするのは結構大変なので、サイトに記載されている投資人気銘柄ランキングを見て良さそうなものについて、順に過去の成績を見て選んだりして投資しました。まずは運用をしてみて、どの程度リスクがとれるのか?など自分自身でも分析をしながら銘柄を変えたりしてみようかと思います。

その他の投資女子の記事はこちら

21 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ