マネー
OL投資ブログ

人気の理由はコレ!「米国株」の3つの魅力【心配性ビビりなOLが投資を始めてみる#11】

こんばんは!withLabエディターの渡辺美帆です。
投資初心者のOLが投資知識を学んでいく「withLab投資女子プロジェクト」。今回で11回目となり、ついに上級編の「米国株」のお話が始まりました!
米国企業といえば、IT最先端企業!世界経済まわしてる!誰でも知ってる製品作ってる!といった、漠然とした「すごい会社」が多いイメージがあります(笑)
上級編とは言うものの、日本でも注目され人気の高い「米国株」。今日はその魅力や人気の理由についてお伝えしていきます。

魅力①アメリカ企業・経済の成長性

株価が上がる基本的な要因は「これから業績が伸びそうか?」という点です。
ここでアメリカ企業をいくつか思い浮かべてみると……Google・Amazon等のIT最先端企業や、マクドナルド・スターバックスなど誰もが商品を知っているような企業が多いですし、世界中で利用する人が多いことが想像できますよね。特にIT企業の多くは「これからも世界を舞台に活躍していきそう!」というイメージが付くと思います。

今後も多くの企業が新たなサービスや製品を作っていろんな分野の産業に進出していくであろうこと、人口増加も相まってGDP世界1位ということもあり、アメリカ経済の成長性へ期待している人はとても多い!ということですね。
(ちなみにNYダウのここ30年間での指数は約12倍になっているそうです……!それだけ経済が発展してきたことを考えると、これからも上下はあれど成長を続けていくんだろうな~と想像できます)

魅力②少額投資ができる!

株といえば“まとまった大金が必要(数十万円かかる…)”というイメージを持っていましたが、なんと米国株、数万円で購入できる銘柄もあるそうです。
その秘密は、日本では基本100株単位での購入がルールでしたが、米国株は1株単位で購入できること。有名どころですと、スタバは約13,000円、ディズニーは約20,000円で購入出来ちゃいます。
これなら少額で分散投資をしたり、積立購入をして資産形成も検討できます。「米国株ちょっと挑戦してみようかな」という方も手が出しやすいのではないかなと思います。

魅力③株主への還元率大!高配当株が多い

最近、早期リタイヤ=FIREなんて言葉もよく耳にしますよね。3つめの魅力は高配当株が多いことです。
日本ですと基本は年2回・平均利回り2%であることに対し、米国株は年4回・平均利回りは4~5%が一般的!アメリカの「利益は株主のもの」という考え方からこのようになっているそうです。

いくつかの企業の配当金を見てみると…
pattern_1
GAFAなどのIT企業は自社の成長にお金をかけていきたい!という考えのため、残念ながら配当金なし・あってもあまり高配当ではないことが多いです。
一方で、エネルギー会社のエクソンモービルや製薬会社のファイザーは高配当率となっており、配当金にもなかなかの期待が持てそうです。とある日のファイザーの株価の例では、約43万円の投資で年間3万円くらいの配当金が受け取れるとのことで、なかなかの高配当ですよね!

配当金狙いで投資をする場合は戦略が必要で、成長性に期待した株+配当率が高い株をうまく組み合わせて分散投資していくことが大事とのことでした。やはり上級編というだけあり、なかなかレベルが高い……!ただ、毎年入ってくる配当金はプチボーナスみたいでなかなかに嬉しいものらしいので(by講師の荒木先生)、余剰資金にもっと働いてもらいたい!という方はぜひ挑戦してみてください。
次のページ>>米国株、手を出す?出さない?  
16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ