マネー
OL投資ブログ

推し活のノリで初めて株を買ってみた話&私にぴったりな投資信託の見つけ方【30代からノリで始める初めての投資レポ-vol.5-】

こんにちは。withLab STAR 100 / withLab エディターの島崎レイコです。
今年1月より、「withLab投資女子プロジェクト」に参加させていただきお金の勉強を始めています。

さて開始から3ヵ月が経った「withLab投資女子プロジェクト」。4回目のレッスンでは「どの商品を買うのがいいか」を見分けるポイントを教えていただきました。

投資商品の中でも、初心者におすすめと言われている「投資信託」。
山ほどある商品の中から、自分にぴったりのものがたった10秒で見つかる!? そんな魔法のようなコツを教えていただきましのたでご紹介します。

私にぴったりな投資信託の見つけ方 その①「名前で見つける」

まずは基本の知識から。
なんだか長くてややこしく思われがちな、投資信託の商品名。ですが、長い名前にはヒントがいっぱい!

長い名前も、1ワードずつ理解していけば、その商品の特徴がわかります。ざっくりと気になる商品を絞り込んでいくときに使える技ですね。
pattern_1
例えばこの場合なら、「バランス型」のファンドで、その内訳は国内株式や先進国株式、国内債券などの「8種類の資産へ均等に投資するスタイル」のもの、ということ。

これまでは、よくわからないカタカナの羅列、という印象でしたが、こうして少し投資信託の理解をしてから商品の名前を見てみると、意外と名前をチェックするだけでもその中身がわかるものですね。

私にぴったりな投資信託の見つけ方 その②「まず方向性を決める」

さて、名前から商品を選ぶ、というところは理解できても、「そもそも、どういう商品を買いたいかわからない!」という状態では何も選べません。

というか、金融商品に限らず、選ぶ時に迷いが生じるのは「判断基準が曖昧だから」ということ、よくありませんか?

投資、やってみたいけど始めるきっかけがない……という状態の時によくある「何を買ったらいいかわからない」というお悩み。それってもしかして、「何が買いたいのか(方針が)決まっていない」だけなのかもしれません。

かくいう私も、「方針がまだ決まっていない」状態の人だったので、改めて、荒木先生作のわかりやすい図で整理しながら考えてみました。
pattern_1
実は前回の記事を書いた時点で、国内株式の個別銘柄を購入済みだったので(投資初心者におすすめと言われる投資信託より先に株買うんかーい!というツッコミは一旦なしでお願いします。笑)、投資信託に期待するものとしては「リスクは低めで、海外の比率が高めのもの」という条件を設定することに。

ただこの条件じゃ、実にゆるい! けれど、まだ何かしらの条件を設けることができただけ、一歩前進としましょう……。(甘い)

が、ここまできたものの忙しくなり、いまだ選定&購入までいたらず!

3月中には何かしらの投資信託、選んでみたいと思います。

ここからは余談。推し活のノリで株を買った話。

真面目な投資ノウハウのお話はここまでで、ここからは完全に私的な余談なのですが……。
前回のブログで「ちょっとヤバいものを買った」と書いていたあれ。実はとある国内株式のことでして……。
次のページ>>推し活のノリで株を買った話、の続き。  
59 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ