マネー
OL投資ブログ

「投資」という名の自転車に乗ろう!1年間の投資プロジェクトを終えてみて【30代からノリで始める初めての投資レポ-vol.13】

こんにちは。with Lab エディター/STAR100の島崎レイコです。
投資をいちから学んでいく、「with Lab投資女子プロジェクト」に参加して、早いものでもう1年。
ということは...
そうです!今月、12月でついに最終回!!

最終回は、これまでのレッスン形式からちょっと趣向を変えて、これまでの振り返りと、修了式、そしてクイズ大会!という忘年会のような楽しいものでした。

修了証書授与式!1年間頑張りました!

pattern_1
まずは1年間のプロジェクト終了証書授与式!名前を呼んでいただき、修了証書を授与してもらいました。(オンラインで証書をもらうのは人生初!笑)
大人になると表彰してもらう機会もそうそうないので、久しぶりの賞状にワクワク!

改めて、投資プロジェクトに参加して1年も経ったんだなあ...と感慨深くなりました。

投資プロジェクト参加の1年間で何が変わった??

レッスン内容についてはこれまでもこちらで少しずつまとめてきたので、今回は私個人の「投資との向き合い方」の変化について振り返ってみました。
pattern_1
「興味はあるけど何か始めるにはな...」と、情報収集はするものの、実際に口座を開いたり、投資を始める具体的なアクションには移せていなかった1年前。
今思えば、知識の量が足りないというよりは、スタートさせるきっかけが足りていなかったのかも。投資女子プロジェクトに参加することで、「何かしら始めざるを得ない!」という環境が整いました。(もちろん投資の実施は個々人の判断にお任せなので、別にやらなくてもOKだったのですが)

投資=チャリ。乗ってみたいなら乗れば良くない?

初めての投資は、日本の株式。
レッスンで、「初心者には投資信託がおすすめ」とされる中、とりあえず今日すぐ買えるもの、というので株式を選びました。すぐ買える=すぐ売れる、というところが自分の中での安心材料。
...とまあ本当にノリでスタートした私の投資。
今は株式だけでなく、投資信託などバランスよく投資するようになりましたが、やはりノリと勢いだけであってもあの時スタートしてみてよかったな、と思います。
pattern_1
自転車に乗れたらいいな、と思って側で眺めているだけでは一生乗れません。が、コケてもいいから乗ってみよう!と実際に乗ってペダルを踏んでみた人だけが、自転車に乗れるようになるのと同じことかな、と思います。気をつけて乗れば事故にも遭わない(ハズ)。

義務教育でも習いたかった「お金」の話。

pattern_1
投資と聞くと、危ない、怪しい、といったイメージを持たれやすいのですが...これってなぜなのでしょうか?「お金」って、さまざまなものと交換可能という意味でとても意義のあるものだと思っています。が、なかなか「投資」や「お金」について知識を得る機会がない。そもそも投資について、正しい知識を得る機会が少ないから、イメージ先行で、難しいもの、危ないもの、という印象を持たれがちなのでは?と感じます。

来春から、高校でも投資についての教育がスタートするというニュースを目にしました。
この投資女子プロジェクトでも、投資のコツは長期的に行うこと(=若いうちから積み立てていくこと)と習ったり、実際に投資を始めてみて「難しそうというイメージを捨てて、もっと早くからやっておけばよかった...」と感じることも多かったので、自分が実際にやるかやらないかは別として、基本的な情報を小さい頃からインプットしておくというこの取り組みはとても有意義なことではないかな、と思います。
そして自分の子どもにも、少しずつ「お金」の意味、「投資」というお金の運用手段があること、などを伝えていきたいなと感じているところです。

投資女子プロジェクト、1年経っての最大の変化は「子どもと一緒に投資に取り組みたい!」と思えるようになったこと。

そんなわけで、この投資女子プロジェクトに参加して最大の変化は、投資を「子どもと一緒に楽しみたい!」と思えるようになったこと。
大前提として、お金は人に喜んでもらった対価として得るもの、だけど、自分の知識や考え方、人生設計に合わせて、そのお金をさらに「運用する」という選択肢もあることを教えてあげられたらな、と思っています。

投資女子プロジェクトはこれで終了となりましたが、これからもiDeCoやNISAなどを利用して、コツコツと楽しく、投資を続けていきたいと思っています。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ