マネー
OL投資ブログ

安易に選ぶとキケン!長期投資に向かない投資信託【心配性ビビりなOLが投資を始めてみる#7】

こんにちは! withLabエディターの渡辺美帆です。

現在、お金や投資のことをイチから学んでいく「withLab投資女子プロジェクト」に参加しています。
早いもので、こちらの企画に参加してからもうすぐ半年が経ちます。貯金一筋だった私が、まさか投資に参戦するとは……1年前の自分が知ったら驚きそうな変化ですが、新しいことを勉強したり、挑戦してみることは楽しいものですね(実際、たまに経過を確認したときにお金が増えていると結構テンション上がります)。

さて今回のレッスンでは、講師を務めるファイナンシャルプランナーの荒木千秋さんが声を大にして「おすすめしません!!」「私なら手を出さない!」と断言していた長期投資に向かないキケンな投資信託について、皆様にもお伝えいたします(怖いもの見たさで挑戦してみたいという方もぜひご覧ください……! )。

超上級者向け! とにかく利益を追求する【ブルベア】関連

まずは、ブルベア関連と呼ばれる銘柄です。
簡単な特徴はこちら。

ブル:のイメージ。ツノで突き上げる=上昇相場を指す。上昇相場の時に大きなリターンが期待できるのが特徴。
ベア:のイメージ。爪を振り下ろして攻撃する=下落相場を指す。下落相場の時に大きなリターンが期待できるのが特徴。

インデックスファンドは日経平均等の指数と連動するリターンを目指すものでしたが、このブルベア関連はインデックスの2~4倍のリターンを目指すものとなります。
……ということは当然、2~4倍のリスクを伴うということです。
今後は上昇相場になりそう・下落相場になりそうという予測が立てられる人&その予測が当てられる自信がある人でなければ、選ばない方がよさそうだなと思いました(私は残念ながら予測も立てられず、全く自信もないので、早々に購入を禁じた次第でした)。

また、初心者さんがブルベア型を選ばない方が良い理由として、ほったらかしにできないというのもあると思います。世の中や市場の動きに応じて激しい値動きをするため、それこそ毎日のように社会情勢をふまえながら注視する必要がありそうです。現在ローリスク・ローリターン銘柄を選んでいるため、「今日はちょっと価格が下がってるけど、まぁ結果的に最初より増えてるからいっか~」という雑なチェック体制で投資をしている私は、ますますブルベア型は選べないなと思いました。

ちなみにこちら、ネット証券の取引ランキングでは常に上位にランクインしているそう(たしかに見たことある……)。利益を追い求める投資上級者から人気を集めている結果だと思いますが、初心者さんが「ランキング上位なら間違いない! 」と思って安易に購入しないことを祈るばかりです……。

ややこしい、複雑……【オプション取引】関連

続いては、オプション取引関連。「コールオプション」「プットオプション」などと書いてあるものを指します。
表向きの特徴としては運用利回りの上乗せを狙う投資信託だそうです。
(なんか良さそうじゃない……? )とつい思ってしまいましたが、実は目論見書を見てみた時、ファイナンシャルプランナーの荒木さんでもよく分からないほど複雑で理解が難しいのだそう。
さらに、コンスタントに利益を狙っているわりにはリターンが低迷・減っても理由がよく分からない・そのわりに運用コストが高いというのが実情だとのことです。
成績が悪くてもその理由が分かれば納得がいきますが、イマイチよく分からないけどお金は減っている……という状況はあまり精神衛生上よろしくないですよね。

また、一度下落してしまうと上昇相場になっても基準価額が上がりにくいという特徴もあるようで、とにかくあまりおすすめできないと荒木さんが繰り返し仰っていたのが特徴的でした……!

元本割れの危険大! 【ノックイン投信】

「仕組債」と呼ばれる債券も同様の特徴があります。
メリットは、通常ではなかなか無いような高い利率が期待できること。指数が下がらず上昇しているうちは、力を発揮してくれるそうです。
一方で大きなデメリットが、ある一定の水準まで指数が下がると元本割れの危険性があることです。例えば日経平均が基準日から8割まで下落すると、元本割れして勝手に償還(投資者にお金を返金すること)されてしまうなど、100万円投資して指数が8割まで下落したので、80万円にしてお返しします! といったイメージです。私の20万……となっても取り戻す術がないと思うと悲しくなりますね……。

お金が減る危険性が高いわりにリターンはそこまで大きいわけではないので、ましてや投資初心者がとりあえずやってみよう精神で購入するのはあまりにキケンだと思い、こちらも早々に購入を禁じました。

安定した長期投資を続けたいなら、大きなリスクは負わないほうがいい

以上、長期投資に向かない3つの投資信託をご紹介させていただきました。
特徴を学んでみて思ったのは、どれも長期にわたって安定して資産形成をしていきたい、という気持ちの人には向かないということ。逆を言えば、短期決戦でお金を増やすぞ!! という意欲の方には良いかもしれないですが、私にはちょっとそのモチベーションは生まれませんでした(笑)。

私のように心配性の方、日々の価格変動に一喜一憂したくない方は特に、銘柄を選ぶ際は危険な特徴がないか? ハイリスク・ハイリターンすぎないか?といった点をよく調べてから購入することをおすすめします!
 
11 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ