マネー
カンタン!節約&貯金術
18.Jan.2020

【貯まる or 貯まらない】あなたはどっち?毎日のお金習慣をチェック!

将来を安心できるかどうかは 「今のお金の使い方」次第なんです!

年収と貯蓄は比例しません。じゃあ、貯蓄力の差はどこで決まるの? 実は毎日の生活にひそむ「お金習慣」が勝負の分かれ目。どちらに当てはまるか、振り返ってみましょう!

アドバイス/深田晶恵さん(ファイナンシャル・プランナー)

pattern_1
(株)生活設計塾クルー取締役。外資系電機メーカー勤務を経てFPに転身。個人向けのコンサルティングのほか、各メディアで活躍中。自他ともに認めるお酒好き。

貯まる or 貯まらない あなたはどっち?

pattern_1

《将来安心OL》

社会人6年目の事務職。趣味と旅行にはお金を使いつつ、普段の食費を節約。学生時代からひとり暮らしなので自炊はお手のもの。月3万円の積立が、もうすぐ200万円に到達!

《将来不安OL》

社会人5年目の営業職。ひとり暮らししたいと思いつつ、貯金がないのでまだ実家。好きなものはガマンしないのがモットーだけど、このままじゃヤバいと思い始めたところ。

【CHECK 1】現金の引き出し方

pattern_1
《将来安心OL》月に一度、決まった金額を銀行ATMでおろすのがルーティーン。

《将来不安OL》飲み会に行く直前に「お金ない!」と、コンビニATMでおろしがち。
「1ヵ月〇万円で生活する」という予算を決めておくことは、家計管理の超基本。お給料が入ったら銀行のATMに行き、1ヵ月分の現金を引き出しておきます。お金がなくなるたびにコンビニでその場しのぎの現金を引き出していたら、毎月の支出を把握できず、気づけば赤字になってしまいます。その赤字をボーナスで補てんするのは、お金が貯まらない人の典型的なパターン。「なぜかいつも金欠」という人は、まず真っ先にこの習慣を見直して。

【CHECK 2】ランチ

pattern_1
《将来安心OL》基本はお弁当。お弁当仲間と公園で、が定番。

《将来不安OL》同僚とカフェでランチ。デザートもつけちゃう。
働く女子のパワーの源、ランチタイム。「これが唯一の楽しみなんだから、お昼くらい好きなものを食べてもいいでしょ」という気持ちもわかりますが、その「○○くらいはいいでしょ」という思考パターンが貯まらない原因かも? 毎日のことだから、1年間となるととても大きな差がつきます。節約ランチでも、工夫次第でおいしく楽しくできるはず。贅沢ランチは月に1~2回と決めるなど、メリハリをつけられるようになりましょう。

【CHECK 3】ショッピング

pattern_1
《将来安心OL》買い物に行く前にクローゼットをチェック。不要なものは買わない!

《将来不安OL》プチプラだからと、あまり考えずに同じようなものばかり衝動買い。
おしゃれ大好き女子として、買い物自体をガマンするなんて無理ですよね。でも、買い物に行く前には、ちょっと冷静になって。不要な服まで買わないように、クローゼットを見直して、買うべきもののイメージと予算を頭に入れてから出かけましょう。衝動買いって楽しいものだけれど、行き当たりばったりで買い物する人は永遠に貯められません。プチプラだから、セールだから、と買うのも危険。プチプラも積もれば高額の出費になります。

【CHECK 4】フィットネス

pattern_1
《将来安心OL》家でアプリを使ってヨガ。いつでもできるのがいい♡

《将来不安OL》月会員になったのに、ぜんぜんジムに行けてない。
ジムやヨガ教室など、きちんと通っているなら無駄遣いではありません。でも、ちっとも通えていないのに毎月会員費だけを払い続けているとしたら、もったいなさすぎます(自分でもわかっているのでは?)。運動にかぎらず習い事や月会費制のものすべてに共通です。

【CHECK 5】クレジットカード

pattern_1
《将来安心OL》光熱費、美容代など、だいたい決まったものはクレカ払い。毎月同じくらいをキープ。

《将来不安OL》現金が足りなくなったらキャッシングを利用。請求額は明細見るまでわからない。
貯められない女子の自覚があるなら、クレカの使い方には要注意! 毎月ある程度決まった金額のものだけをクレカ払いにして、そのほかの生活費とおこづかいは現金で(それもコンビニでちょこちょこおろさないこと)。キャッシングとリボ払いは絶対にダメ!!
次のページ>>朝コーヒー、寝坊して、会社近くのコーヒーショップであわてて購入してませんか?  
57 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ