マネー
しげ@節約お兄さん「日本一わかりやすいお金の話」
26.Oct.2020

ほったらかしでどんどん貯まる!「固定費の見直し」がスゴい理由【赤ちゃんにお金のハナシを聞いてみたvol.3】

“日本一お金の相談がしやすい節約お兄さん”のしげさんこと原田茂樹さんの「赤ちゃんにインタビューしてみたシリーズ」。お仕事女子の読者の皆さんに、ちょっと毒舌な赤ちゃんが分かりやすくお金のことを教えてくれます!

第3回目は「ほったらかしでどんどん貯まる!”固定費の見直し”がスゴい理由」。
毎日チマチマした節約なんてできない!! そんなあなたのために“赤ちゃん”さんが分かりやすく解説してくれました!

節約をするならまず〇〇から!

▼横スワイプしてね▼

 

どうせ節約するなら楽な方がいいよね?

まず、「節約」と聞いてどんなことを思いつきますか?
「仕事の日は弁当を持っていく」「水筒を持参していく」「タクシーを使わない」など、いろんな手段があるでしょう。もちろん、それが継続できるならOKです!

ですが、まずは"固定費"から見直してみるのはどうでしょうか??

固定費とは、一度契約をすると毎月かかる費用のことです。
例えば、携帯代やポケットWi-Fi、電気やガス、保険(生命保険、自動車保険など)など月々支払っているものがありますが、これらが固定費です。こちらから見直す方が圧倒的に節約の効果があります!

どれくらい効果があるか、具体的に説明しますね!

固定費5000円浮かせることができればあんなことやこんなことまで

ここ数年で「節約といえば」の代名詞ともなった「格安SIM」ですが、仮に月8000円携帯代に使っていた人が格安SIMにして月3000円になった場合、どれくらいの効果があるか。

月々5000円の削減で
1年で……6万円(ランチ60回分)
2年で……12万円(ランチ120回分)
10年で…… 60万円(ランチ600回分)
の効果が出ます!

2年で12万円浮かせることができれば、ちょっぴり贅沢な旅行だってできるし、好きなブランドのアウターだって買えちゃうんじゃないでしょうか!?(急に女性目線)

これのなにがいいって、1回見直したら放ったらかしで効果が継続できるんですよね! みなさん大好き「ほったらかし」!
好きなランチを我慢したりする必要もなしです!(行き過ぎ注意ですが!)

節約は「こだわる部分を際立たせるためのもの」

そもそも節約って何のためにやるのかを原点に立って考えてみて欲しいんですが、節約は“こだわる部分を際立たせるもの”だと思ってます。

「結婚式はお金にとらわれずにやりたいことを全部叶えたい!」「夢のマイホームに住みたい!」「かっこいい車に乗りたい!」「生涯オシャレでいたい!」など、人生において「これだけは譲れない!」というこだわりがあれば、それ以外で削れる支出は削って、理想の生活を手に入れて欲しい訳です!

「家にこだわりたいけど、車もこだわりたい、服も毎月いっぱい買いたい」って人はそもそも収入を上げないといけないですが、1個くらいこだわってみてもいいやん?(急に関西弁)

みなさんにはそんな彩りのある生活を描いて欲しいので、削れるところは削ってあげましょ!
次のページ>>削れるところって?  
44 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ