マネー
しげ@節約お兄さん「日本一わかりやすいお金の話」
12.Oct.2020

【新連載!】先取り貯金が効果的なワケ【赤ちゃんにお金のハナシを聞いてみたvol.1】

“日本一お金の相談がしやすい節約お兄さんのしげさんこと原田茂樹さんがInstagramにて連載している「赤ちゃんにインタビューしてみたシリーズ」がwith onlineに登場。お仕事女子の読者の皆さんに、ちょっと毒舌な赤ちゃんが分かりやすくお金のことを教えてくれます!

第1回目は「先取り貯金が効果的なワケ」
最近「貯金をするなら“先取り貯金”がオススメ」なんてよく聞くけれど、なんで良いのかよくわからない…。そんなあなたのために“赤ちゃん”さんが分かりやすく解説してくれました!

先取り貯金が効果的なワケ

▼横スワイプしてね▼

 

お金の話をハードル低く。日本一わかりやすくお金の話をお伝えします!

こんにちは、節約お兄さんです。
FP(ファイナンシャルプランナー)として5年間経験を積み、そこから、日本一相談がしやすいFPになろう! と一念発起。「節約お兄さん」という肩書(?)をつけて活動を開始して、1年半が経ちます。

「FPにお金のことを相談しに行く」……って、考えただけでなんだかちょっとドキドキしませんか!? 何を用意すりゃいいんだ! 何聞けばいいのかすらわからん! はっきり言って、ハードルめちゃ高いですよね?

でも今後、個人が責任をもって、お金を貯めて増やしていくことって、生きていくうえで、今よりもっともっと重要になってくるはずなんです。これ僕、断言します! そんなとき、気軽に相談できる相手がいると心強いですよね! ……それが、FP。なのに気軽に相談できるイメージが全然しない(笑)。

そんなFPに対する世の中のイメージを変えたい! もっとみんながハードル低くお金に向き合って、貯める、使う、増やすのサイクルをバランスよく上手にまわしていくことができれば、人生はもっとハッピーになるはず! 僕はそんな使命感に燃えて「節約お兄さん」になることを決めました。ね、なんか名前聞いただけでもハードル低そうでしょ??

僕のお客さんは、20代~30代の方がほとんど。若いうちからお金について真剣に向き合う方が増えてきたな~と実感しています!

このたび、機会を得て、with onlineで連載を持つことになったので、”赤ちゃん”の力を借りて、日本一ハードル低くお金の話を皆さんにお伝え出来たらな、と思っています。
いいでしょ、この赤ちゃん。難しい話も、赤ちゃんに言われたらなんか簡単そうでしょ?
僕は、お金の話はまず、「難しそう」というアレルギーをなくすことが大事だと思っているんです。そのために赤ちゃんに語らせる、という方法を思いつきました!(天才か)
これからも、赤ちゃんと一緒に役に立つお金の話をガンガン発信していきたいと思っていますので、よろしくおねがいたします!

「先取り貯蓄」皆さんはもうやってますか??


皆さんは先取り貯金はされていますでしょうか?
今まで僕にお金の相談をしに来てくださったお客さんの中で、「割とちゃんとお金が貯まっているな」と思える人は、基本的に先取り貯金をしています。

先取り貯金のメリットとしては主に2つです。
・「あったら使っちゃう」をなくす
・ほったらかしでお金が貯まる

これ、簡単そうに見えて、めっちゃ重要なんです!
っていうか、これさえできてりゃ「貯まる生活」を送るための手段の、ほとんど半分が達成されたといっても過言でないくらい!
やってない? 今すぐやりましょう!!!!

「あったら使っちゃう」をなくす

赤ちゃんさんの説明にもあるように、基本的に人間は「あったら使っちゃう」性質があります。
時間とかもそうです。会議の時間が30分に設定されていたら、その時間内で何とかしようと思うでしょう。でも、同じ議題でも、1時間枠がとられていたら、その時間めいっぱい使っちゃう。

お金も全く同じです。手取りが20万円の人が昇給して25万円になったとしても、あったら使っちゃいます。「昇給した分、全部残しておけば貯まるじゃん」と思うかもしれませんが、人間そんなうまくできてません。
なので、「使う用」と「貯金用」の口座2つに分けて、給料が入ったとたんに貯金用の口座へ移してあげてください。そうすれば「これは使っていいお金(使う用)」「これは将来のためのお金(貯金用)」とお金に色分けすることができます。

ほったらかしでお金が貯まる

「毎月意識してお金を貯める」のと「毎月意識しなくてもお金が貯まる」のだと、どちらがいいですか?? ほとんどの人が後者を選びますよね。毎月「いくらためないと、、!!」って考えるのってストレスですもん。

そんな人には各銀行が行っている「自動積立定期預金」サービスがオススメです。これは毎月指定された日に一定金額を別の口座に振り分けることができます。
例えば「使う用」の口座に25万円の給料が振り込まれたら、「貯める用」の口座に銀行が5万円移してくれるという仕組みです(金額は設定できます)。もし毎月5万円貯めることができれば年間で60万円ですし、ボーナスも合わせれば年間100万円貯めることも夢ではありません。
最初から会社側が2つの銀行に給料を振り分けてくれるところもありますよね。そういう方はその制度を利用しましょう。
会社にそういった制度がない方は、是非この「自動積立定期預金」サービスを使ってみてください。
次のページ>>先取り貯蓄のメリットは分かった。では、いつ始めるのがいいの??  
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ