マネー
しげ@節約お兄さん「日本一わかりやすいお金の話」

新社会人必見!社会保険の中身を理解しよう!(年金編)【赤ちゃんにお金のハナシを聞いてみたvol.31】

社会保険の中身を理解しよう!

“日本一お金の相談がしやすい節約お兄さん”しげさんこと原田茂樹さんの「赤ちゃんにインタビューしてみたシリーズ」。お仕事女子の読者の皆さんに、ちょっと毒舌な赤ちゃんが分かりやすくお金のことを教えてくれます!

第31回目は「新社会人必見!社会保険の中身を理解しよう!(年金編)」。
前回に引き続き、社会人になった際に天引きされる社会保険料の中身の一種である"年金"について解説します!

▼横スワイプしてね▼

 

今回は年金について解説します

こんにちは、節約お兄さんです。
前回は社会保険の一種「労災保険」について解説しました。

今回は年金について。
「年金って保険なの!?」と思う人も多いのでは?
年金は社会保険の一種であり、"将来もらえるお金"だけでなく保険としても重要な役割を担う公的制度です。

今回は年金について大事なポイントである、
・公的年金と私的年金の違い
・公的年金の国民年金と厚生年金の違い
・年金の種類
をメインに解説していきます。
では、いきましょう!

公的年金と私的年金の違い

老後を考える上で「年金」は切り離せないものですが、年金にも様々なタイプがあります。
(どちらか一方に)加入する義務がある国民年金や厚生年金といった「公的年金」と、自助努力で積み立てていく国民年金基金や確定拠出年金、また民間の年金保険といった「私的年金」があります。
イメージで言うと、公的年金は「みんなで貯める年金」、私的年金は「自分で貯める年金」ですね。

次に、公的年金の国民年金と厚生年金の違いについて解説していきます。
次のページ>>国民年金は1階建て、厚生年金は2階建て?  
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ