マネー
しげ@節約お兄さん「日本一わかりやすいお金の話」

新社会人必見!社会保険の中身を理解しよう!(雇用保険編)【赤ちゃんにお金のハナシを聞いてみたvol.29】

社会保険の中身を理解しよう!

“日本一お金の相談がしやすい節約お兄さん”しげさんこと原田茂樹さんの「赤ちゃんにインタビューしてみたシリーズ」。お仕事女子の読者の皆さんに、ちょっと毒舌な赤ちゃんが分かりやすくお金のことを教えてくれます!

第29回目は「新社会人必見!社会保険の中身を理解しよう!(雇用保険編)」。
前回に引き続き、社会人になった際に天引きされる社会保険料の中身の一種である雇用保険について解説します!

▼横スワイプしてね▼

 

今回は雇用保険について解説します

こんにちは、節約お兄さんです。
前回は社会保険の一種「健康保険」について解説しました。

今回は雇用保険について。
雇用保険といえば「失業した際にもらえる失業手当」と頭に浮かぶ人が多いですが、他にも要件を満たすともらえる手当がたくさんあります。
基本的に自分から申請しないと使えないので、ぜひチェックしてみてください!
では、いきましょう!

雇用保険とは?

まず、雇用保険とはどういったものかを説明します。
雇用保険は簡単に言うと"仕事がなくなった時に備える保険"で、失業してしまった時や出産で収入がなくなって生活ができないという状況を救うためにあります。この雇用保険からもらえる手当によって、転職活動や出産による経済的ダメージを軽減することができます。

雇用保険に入れる条件とは?

そんな労働者にとって助かる雇用保険ですが、加入できるための条件が3つあります。

1.勤務開始から31日継続して働く見込みがあること
2.1週間で20時間以上働いていること
3.学生ではないこと
ですので、正社員でなくても上の条件に当てはまれば加入できます。

また、雇用保険は労働者のための権利なので、会社側は希望有無に関わらず労働者の雇用保険の加入手続きをしないといけません。
次のページ>>どんな手当がもらえる?  
45 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ