マネー
しげ@節約お兄さん「日本一わかりやすいお金の話」

クレジットカードは2枚持て! ”使い分け”だけで明細が家計簿になる簡単テク!【赤ちゃんにお金のハナシを聞いてみたvol.35】

クレジットカードは2枚持て

“日本一お金の相談がしやすい節約お兄さん”しげさんこと原田茂樹さんの「赤ちゃんにインタビューしてみたシリーズ」。お仕事女子の読者の皆さんに、ちょっと毒舌な赤ちゃんが分かりやすくお金のことを教えてくれます!

第35回目は「クレジットカード は2枚持て」。
今回は家計の見直しがしやすくなるための仕組みづくりについて解説します!

▼横スワイプしてね▼

 

家計管理の仕組みづくり、出来てますか?

こんにちは、節約お兄さんです。

突然ですが皆さん、家計管理の仕組みづくり出来てますか?
毎月レシートをまとめてノートに書いたり、家計簿アプリで確認したり、いろんな方法があります。

今回はクレジットカードを2枚使って「固定費」と「変動費」に分けることで家計管理を楽にする方法をお伝えしようと思います。では、いきましょう!

変動費と固定費に分けることでのメリット

クレジットカードを2枚使って「固定費」「変動費」に分けるメリットとして、引き落としされてからどちらの支出に変化があったかをすぐに確認できることです。

1枚は毎月の携帯代やネット代、サブスクリプションサービスなどの月額ほぼ一定額支払う「固定費」、もう1枚は食費(外食含む)や趣味などの月々変動する「変動費」に分けています。

例えば、固定費のカードの引き落としが多かったら「そういえばビデオオンデマンドサービス契約したな」「ジムを契約したな」と何かしらの契約をしたことを振り返ることができますし、変動費であれば「そういえば飲み会が多かったな」「終電を逃してタクシー使う回数多かったな」と日々の支出に対して振り返りがしやすくなります。

もし変動費固定費をまとめて1枚のクレジットカードで引き落としをすると、「何かしらの契約をしたのか」「日々の生活で支出が多かったのか」を分ける手間が増えてしまいます。そこの手間がなくなることで家計管理を楽にすることができます。
次のページ>>クレジットカードは1ヵ月に1回は見直す?  
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ