マネー
しげ@節約お兄さん「日本一わかりやすいお金の話」
19.Oct.2020

1日333円貯金のすヽめ【赤ちゃんにお金のハナシを聞いてみたvol.2】

“日本一お金の相談がしやすい節約お兄さん”しげさんこと原田茂樹さんの「赤ちゃんにインタビューしてみたシリーズ」。お仕事女子の読者の皆さんに、ちょっと毒舌な赤ちゃんが分かりやすくお金のことを教えてくれます!

第2回目は「1日333円のすヽめ」。
前回の先取り貯金とはまた違った角度の貯金方法!毎月「〇〇万円貯めるぞ!」と意気込んでもなかなか貯まらない……」そんなあなたのために“赤ちゃん”さんがダイエットに例えながら分かりやすく解説してくれました!

1日333円貯金のすヽめ

▼横スワイプしてね▼

 

「1日333円貯金」って?

名前の通り、1日333円を貯金するというシンプルなものです。

「1日たった333円かよ」と思ったあなた。侮ることなかれ!!
1日333円貯めると、1ヵ月で1万円が貯まります!

「1ヵ月1万円貯めよう」と考えるよりも、「1日333円だけでいい」と考える方がハードルが低くなるんですよね。

これって、実はダイエットと同じなんです!
最近YouTubeでも「たった1日10分で痩せるトレーニング!」という動画ってありますよね。
それと同じで、1ヵ月で「〇kg痩せよう!」じゃなくて「1日〇g痩せよう!」という風にするとイメージがしやすくなりますよね?

つまり、1ヵ月の目標を1日の作業量に落とし込むことが大事なんです。赤ちゃんさんが言うように、チリツモなんですほんとに。

ダイエットも貯金も一喜一憂しない

僕も今年ダイエットを3ヵ月ほどやってみたんですが、以下の3つで-5kgに成功しました!

・プランク1分間×2セット(前、左右で合計6分)
・壁倒立1分間
・夜ご飯だけ米を食べない

でも毎日体重計に乗ってみると、ストンと体重が落ちてる時もあれば停滞している時もある。
そんな時って一喜一憂しがちなんですが、「毎日これだけやっておけば絶対に痩せる」と信じて継続したら結果痩せることができました。

貯金も同じで、「あ〜今月使ってしまったな〜」と一憂せずに毎日コツコツ継続することが大事です! これテストに出ます!!

目標から日々の作業量に落とし込むことが大切

例えば、「半年後に12万円貯めて旅行に行きたい!」という人がいた場合。

6ヵ月12万円→月々2万円→1日約666円と1日の目標に変換します。

そこから、「666円浮かせるには?」を考えます。
・ランチ800円使っているところを、弁当(200~300円)にする→1日500~600円の削減
(お米だけ持参する、とかでもok!)
・外で水を買っているのを、ネットでまとめ買いをして持参する→1日20~30円の削減
・1駅で行けるところは歩く→約150~180円の削減
・毎週の飲み会で2次会は絶対に断る→週3000円(1日約400円)の削減
などなど、いろんな手段があります。

コツは自分にとって苦じゃないものを選択することです!
朝弁当を作るのは僕にはできないので、よく歩いてます。健康にもいいですし!

ダイエットでも仕事でも貯金でも、目標を日々の作業量に落とし込むことが大切です!
ぜひ、お試しあれ!
次のページ>>先取り貯金と1日333円貯金、どっちがいいの?  
23 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ