マネー
しげ@節約お兄さん「日本一わかりやすいお金の話」

ボーナスはいくら貯めればいい?ボーナスの賢い貯め方!【赤ちゃんにお金のハナシを聞いてみたvol.11】

“日本一お金の相談がしやすい節約お兄さん”しげさんこと原田茂樹さんの「赤ちゃんにインタビューしてみたシリーズ」。お仕事女子の読者の皆さんに、ちょっと毒舌な赤ちゃんが分かりやすくお金のことを教えてくれます!

第11回目は「ボーナスはいくら貯めればいい?ボーナスの賢い貯め方!」。
年末はボーナスの時期ですね。ウキウキされている方も多いのではないでしょうか!
今回は“赤ちゃん”さんがボーナスをどれくらい残せばいいか解説してくれました!

ボーナスはいくら貯めればいい?

▼横スワイプしてね▼

 

「ボーナスをいくら貯めたらいい?」について終止符を打ちます!

こんにちは! 節約お兄さんです!

12月といえばボーナスですね!
お財布が温まってワクワクしている方も多いのではないでしょうか!
ただ「使いたいけど貯金がな〜」と葛藤していませんか?

その悩みを解決して気持ちよくボーナスを使ってもらいたいので、ぜひ最後まで見てください!

ボーナスだけで考えないで!

まず大前提として、ボーナスだけで考えないようにしてください!

なぜなら会社によってボーナスの支給される額が違うからです!
「毎月の手取りが多いけど、ボーナスは少ない」「毎月の手取りは少ないけど、ボーナスは多い」といった形で、もらえるボーナスが何ヶ月なのかは人によりますよね。

なので、まずは年間でいくら貯めればいいのかを考えてから"月々の貯金"と"ボーナスの貯金"の金額を設定しましょう!

STEP1.年間いくら貯めればいいのかを考える

これはあくまでも目安ですが、手取りの20%を貯めるようにしてください!
年収別の手取りからの貯金額の概算はこちらです!

年収300万円→手取り約230万円→貯金約46万円
年収400万円→手取り約310万円→貯金約63万円
年収500万円→手取り約380万円→貯金約76万円
年収600万円→手取り約450万円→貯金約90万円
年収700万円→手取り約520万円→貯金約104万円
年収800万円→手取り約590万円→貯金約118万円
年収900万円→手取り約650万円→貯金約130万円
年収1,000万円→手取り約720万円→貯金約144万円

なので、仮に年収が500万円の人は手取り380万円の20%なので"年間76万円"を目安に貯めてください。あくまでも目安なので、もっと貯められる人は貯めてもらって大丈夫です!

一度ご自身の年収を振り返っていただいて、年間いくら貯めればいいのかを考えてみてください!

STEP2.月々の貯金とボーナスの貯金の金額を設定する

次に、月々の貯金とボーナスの貯金の金額を設定していきます。
さっきの年収500万の人で考えてみましょう。

・手取り約380万円
・貯金の目安は年間76万円
・ボーナスが1年間で4ヵ月分

そうすると、76万円を月々の貯金(12ヵ月)とボーナスの貯金(4ヵ月分)で貯める形になりますので、
月々の貯金は「76万円 ÷ (12 + 4) = 4.75万円」
ボーナスの貯金は「76万円 ÷ (12 + 4) × 4 = 19万円」
となります。

夏のボーナスと冬のボーナスが2ヵ月分ずつであればボーナス時の貯金は9.5万円ずつになりますね。
次のページ>>もっと簡単な計算方法はない?  
32 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ