マネー
しげ@節約お兄さん「日本一わかりやすいお金の話」
11.Jan.2021

【賃貸物件の選び方】ちょっと待って!不動産屋に行く前にやるべきこと!【赤ちゃんにお金のハナシを聞いてみたvol.14】

“日本一お金の相談がしやすい節約お兄さん”しげさんこと原田茂樹さんの「赤ちゃんにインタビューしてみたシリーズ」。お仕事女子の読者の皆さんに、ちょっと毒舌な赤ちゃんが分かりやすくお金のことを教えてくれます!

第14回目は「ちょっと待って!不動産屋に行く前にやるべきこと!」。
不動産屋さんに行く前に丸腰でいかない方がいい?!
今回は“赤ちゃん”さんが部屋探しをする前に考えるべきことを解説してくれました!

【賃貸】物件選びをする前に大事なこと

▼横スワイプしてね▼

 

引っ越しシーズンがやってきました!

こんにちは、節約お兄さんです!

2〜3月は引っ越しシーズン。
入社式や転勤などの理由で引っ越す人が一番多く、不動産屋さんが一番儲かる季節です(やらしい)!

そんな季節に差し掛かり、そろそろ準備に取り掛かっている人も多いんじゃないでしょうか。
ただ「とりあえず不動産屋に聞きに行こう!」という人、ちょっと待ったー!!
全く知識を入れずに行くと時間がかかったり、不動産屋さんの言いなりになって不要な手数料を請求されるケースがあります!
そうならない前に、この記事で勉強していただけると嬉しいです!

それではいきましょう!

部屋探しの流れは逆算して考えた方がいい

まず部屋探しをするにあたってのスケジュールは以下の流れです。

step1.入居日を決める
step2.物件選び(不動産屋に行く前)
step3.物件選び(不動産屋に行く)
step4.物件を見に行く(内見)
step5.申込み
step6.契約
step7.鍵の受け渡し

今回の赤ちゃんの画像はstep2まで詳しく解説していますが、全体像もしっかり解説します!

step1.入居日を決める

入居日から逆算して動くのが一番スムーズです!
決まってない人は先に決めてしまいましょう!

なぜなら、物件を申し込んでから入居までの期間は原則"1ヵ月以内"だからです。
引っ越す2〜3ヵ月前から不動産のポータルサイトを見て「良い物件が空いている!」となったとしても、その物件を申し込めない可能性が高いです。
2〜3ヵ月もあれば他に入居者が現れるので、オーナーさんもそっちの入居者さんを優先します。
かといって入居日の2週間前から物件選びを始めるとスケジュールがカツカツになってしまうので、動き出す目安は1ヵ月半前くらいからがベストです!

理想としては、こんな感じです。
《1ヵ月半前》step2~3.物件選び
《1ヵ月前》step4.物件を見に行く
《3〜4週間前》step5.申込み
《2〜3週間前》step6.契約
《入居日》step7.鍵の受け渡し

このスケジュールだと物件を見に行って良い物件が見つからなかった場合、翌週くらいに再度物件を見に行く余裕はありますし、契約してから必要書類を用意したり住民票を移したりするのに余裕が出来ます。スケジュールがカツカツになると必要書類が揃わず入居が遅れてしまうなどのトラブルに繋がるので、余裕を持ってくださいね!

step2.物件選び(不動産屋に行く前)

不動産屋さんに行ってそこから部屋探しを考えてもいいんですが、最近は不動産屋さんに行かずとも不動産のポータルサイト(SUUMOやLIFULL HOME'Sなど)を使って自分で物件を調べられる時代になりました。
ここを入念に考えることで、メリットがたくさんあります。

・自分が引っ越した後の生活をイメージできる
・引っ越すにあたっての費用が事前に分かる
・不動産屋の営業マンとの打ち合わせの時間が減る(物件が決まっていれば打ち合わせも不要に)

ここを全く考えずに不動産屋さんに行くと打ち合わせが3〜4時間取られるケースもあり、時間をかければかけるほど仲介手数料の交渉もしにくくなります(営業マンに動いてもらう時間が増えるので、当然ですよね)。

なのでこちら側でしっかりと「どんな物件に住みたいか」をある程度決めておくのがオススメです。
次のページ>>不動産屋さんに行って何を聞くの?  
43 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ