マネー
withLab投資女子プロジェクト

「NISAもiDeCoも!プロが口座開設4パターンを徹底解説!」withLab投資女子プロジェクト Lesson3-4

■パターン④ iDeCoとNISA 両方利用しない

制度は利用しないで投資を始める人は、証券会社や銀行に投資専用の口座である特定口座(または一般口座)を開設しましょう。NISAもiDeCoも、投資に慣れてきてから始めることができます。
ここまできたら、投資スタートまであと少し!
ここまでで決めておくべきことをまとめてみました↓
pattern_1

口座開設に必要な書類は?

一般的に、NISA口座や特定口座を開設するときに必要になるのは以下の書類等です。

・本人確認資料(免許証、パスポート、保険証など)
・マイナンバー確認書類
・銀行口座の番号
・銀行の届出印

iDeCoは、追加で必要な書類等があります。
まず、ねんきん定期便や年金手帳など基礎年金番号が記載されているものを準備しておきましょう。
さらに、会社員や公務員の人は、「事業主の証明書」が必要。これは、みなさんの加入資格があるかを証明するものです。制定の書類があるので、勤務先の担当部署の方に依頼して記入捺印してもらいましょう。

口座開設の手順

ここまで準備ができたら、あとは実際に手続きするのみ!
インターネットで手続きをする場合は、口座を開設したい金融機関の名前で検索すると検索してみてください。
たとえば、「楽天証券 口座開設」「SBI 証券 口座開設」「三菱UFJ銀行 投信口座開設」などです。 iDeCoを利用する場合は、「楽天証券  iDeCo」「SBI 証券 iDeCo」 なので検索してみると良いでしょう。

基本的な手順としては以下の通りです。

①    申し込み口座開設の申し込み内容の記入・本人確認の提出
申込みは、書類で行うケースや、ネットに入力して完了するケースなどがあります。忙しいみなさんは、ネットで完結する方が、いつでもどこでもできて便利!氏名・住所・勤務先などの個人情報を入力します。
本人確認書類は、書類をコピーして返送するケースや、ネット上にアップロードして完結する方法等があります。

②    金融機関等で登録内容などの確認し、口座開設完了
不備等がなく、手続きが終了すれば、口座番号やパスワードなどの連絡があります。
大切な番号なので、なくさないように保管してくださいね(私は、大切に保管しすぎてどこにしまったか忘れてしまいます……)。

口座開設、こんなことまで聞かれるの⁉

口座開設や投資信託を購入する中で、「なんで、こんなプライベートなことまで尋ねてくるの?」と疑問に思うことがあるかもしれません。
実は、それ大切な質問なんです。
なぜプライベートなことを聞かれるのかを知っておけば、誤った回答をすることもなくなります!


■「所属部署は? 役職は?」職業について細かいヒアリング

投資用の口座を開設するとき、みなさんが勤めている部署名や電話番号だったり、配偶者や家族の勤務先を記入することがあります。
「なんでここまで答えるの?」と、不思議に感じる人がいるかもしれません。
でも、これマーケティングに利用しようとしているのではなく、投資をする上で確認しなくてはいけないことなんです。
投資には“インサイダー取引”という考え方があります。インサイダー取引と見なされると刑事告発されてしまう可能性があるんです。
インサイダー取引とは、上場会社の関係者が内部情報を得て株を売買して利益を得ること。
たとえば、「配偶者が働いている会社が吸収合併されるみたい! 利益が出そうだなと思って、自分の判断で株を買う」などが該当します。このような行為を未然に防止するために、みなさんや家族の方の勤務先を申告することになっています。

■「年収はいくら? 資産はいくら?」そこまで答えたくない!

投資の意向や年収・金融財産などデリケートな回答を求められるケースがあります。これは投資家保護の観点から「投資する人の属性に合った投資商品なのか、資産や収入に対して、投資金額が多くないか」などのチェックに利用するためです。

たとえば、「元本割れをしたくない」と回答しているのに、投資信託を購入することは矛盾してますよね。投資信託は元本割れする可能性がある金融商品なので、そのときは「ちょっと、それはあなたの考えとは違いますよ~!!」とストップがかかるのです。

金融資産などを聞かれるのは、投資は余裕資金で行うことを推奨されているから。100万円資産がある人が、100万円全額投資すると、手元のお金がなくなってしまいます。もし、今日明日にでもお金が必要になる状況になれば困ってしまいますよね。このようなことを注意喚起するために、金融資産や収入をヒアリングしているわけです。

このように、みなさんの考えと投資行動に矛盾がないかを確認するために、様々な質問をされます。センシティブな内容ですが、聞かれるにはきちんとした理由があるので安心して回答してくださいね。
次のページ>>あとは投資商品を購入するだけ!  
43 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ