マネー
withLab投資女子プロジェクト
16.Feb.2021

「投資口座を選ぶ3つのポイントとは?」withLab投資女子プロジェクト Lesson3-1

近頃、with読者から、「お金について知りたい」「将来のために投資したい」という声が聞こえるようになりました。
そこで、withではファイナンシャルプランナーの荒木千秋さんをお迎えして、投資初心者の女性が投資をイチから学ぶための「withLab投資女子プロジェクト」をスタートさせました!
投資初心者のwithLabメンバーが、オンラインセミナーで投資を学び、実際にチャレンジ。
ここではその講義の内容を順次ご紹介します。あなたも投資について学んでみませんか?

前回の連載はこちら Lesson2-4「投資に回していいお金、ダメなお金」

withLab投資女子プロジェクトの詳細はこちら!

withLab投資女子プロジェクト参加メンバー

投資初心者メンバーたちの「投資への道のり」を見てみよう!

Lesson3〈第1部〉「金融機関はどこがいい?」

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの荒木千秋です!
投資についての基礎知識を学んだら実際に始めてみましょう。
投資を始めるには、①投資専用口座を作り、②投資する商品を選んでスタート!
みなさんも、普通預金など銀行口座を持っていますよね。
投資も同じで、金融機関に投資専用口座を作ってその中にお金を預けていきます。
投資専用口座を作るとき、“なんとなくで決める”はNG! 金融機関の特徴や投資に関わる制度を知ってからスタートしましょう♡

ポイントは、自分の目的に合った口座を作ること。
金融機関ごとに特徴が違うので、その特徴を押さえておくことで後悔しない口座開設ができますよ。
口座開設は、事務手続きが発生するため「ちょっと苦手だな~」と感じてしまう人もいるかもしれません。
始めを乗り越えれば楽になるので、がんばりましょう!

今回は、「投資専用口座を作るときの基本」をお伝えします!

投資ができる2つの金融機関

投資ができる金融機関は主に2種類。証券会社と銀行です。順番にご説明いたします♡
pattern_1

証券会社の特徴とは?

証券会社の特徴は、
・株式や投資信託などほとんどの金融商品が取引できること
・ホームページに投資情報が豊富に記載されていること
です。

元々、投資は証券会社の専売特許。そのため、証券会社は、株式や投資信託・債券など、ほとんどの金融商品を取り扱っています。「いつかは投資信託以外の投資もしてみたい!」と考えている人にオススメの金融機関です。

さらに、相場動向など投資情報も充実!
証券会社によっては、その証券会社に口座を持っている人だけに開示しているセミナーがあったり、“会社四季報”という1冊2300円の株式投資の必読書が無料で読めたりします。

証券会社は、野村証券や大和証券など店舗がある形態だけではなくって、インターネットのみで展開している形態もあります。インターネット証券(以下、ネット証券)は、SBI証券や楽天証券、マネックス証券などが有名です。

ネット証券の良さは、なんといっても“ネットで完結すること”
24時間対応型なので、忙しくてもスキマ時間や自分がゆっくりできるタイミングで手続きができるのは嬉しいポイントです。
さらに、“取引手数料が安いこと”、“商品数が豊富なこと”もネット証券の良さ。
長期的に利用することを考えると、手数料の安さは大切ですよね。少しずつ投資スキルはレベルUPしていくので、商品数も多いほうが満足度の高い商品選びができます。

ただし、ネット証券は全てがネットで完結するので、「どんな銘柄を選べばいいか?」など、自分で情報収集を行う必要があります。
ネット証券は、忙しくて店頭に行く時間がない人、コストにこだわりたい人に向いているでしょう
次のページ>>銀行の特徴は……?  
39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ