マネー
withLab投資女子プロジェクト

「年齢で資産配分を変える?バランスファンド達人になる!」withLab投資女子プロジェクト Lesson5-2

近頃、with読者から、「お金について知りたい」「将来のために投資したい」という声が聞こえるようになりました。
そこで、withではファイナンシャルプランナーの荒木千秋さんをお迎えして、投資初心者の女性が投資をイチから学ぶための「withLab投資女子プロジェクト」をスタートさせました!
投資初心者のwithLabメンバーが、オンラインセミナーで投資を学び、実際にチャレンジ。
ここではその講義の内容を順次ご紹介します。あなたも投資について学んでみませんか?

withLab投資女子プロジェクトの詳細はこちら!

withLab投資女子プロジェクト参加メンバー

投資初心者メンバーたちの「投資への道のり」を見てみよう!

Lesson5〈第2部〉「年齢で資産配分を変える? バランスファンド達人になる! 」

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの荒木千秋です!
今回は前回に続いて、iDeCoや企業型確定拠出年金(以下、企業型DC)について。
つみたてNISAなどほかの投資にも応用できるので、ぜひ参考にしてみてください。

「iDeCoや企業型確定拠出年金(以下、企業型DC)を始めてみたけど、これってずっと放っておいていいのかな?」
「たまには内容を見直ししたほうがいいのかな?」
と思う人もいるかもしれません。

ちなみに前回の記事はこちら! 「iDeCoも企業型も! お得な年金制度を賢く使い倒す方法

見直しは目的が大切!

iDeCoや企業型DCなどの確定拠出年金だけでなく、つみたてNISAなどでも、投資商品は日々価格が動いています。
そのため、短期的にでも、長期的にでも、大きく下がったり、大きく上がったりしたときは、他の投資信託に乗り換えたほうがいいのか迷ってしまうことがあるかもしれません。

そのときには、“投資の目的”を思い出してください!

目的が、「利益をたくさんだして、近い将来に使いたい!」だとしましょう。この目的なら、価格が上がれば利益確定をするのもいいですね。

ですが、iDeCoや企業型DCなどの確定拠出年金なら、60歳以降の老後資金を目的に運用している人がほとんどだと思います。
それなら、老後を見据えて、どっしり構えていてOKです! 相場環境に応じて頻繁に見直しする必要はありません。

もちろん、自分がどんなものに投資しているのかは、きちんと把握しておきましょう。
そして、
「もう少しリスクをとる資産配分にしたい」
「リスクを減らす資産配分にしたい」
と当初と考えが変わってしまったなら見直ししてくださいね。

スタートしたての時期は、見直しに気をとられるより、資産残高を積み上げていくことに重きをおいて。
つみたてるタイプの運用方法は、下がった時には多く買えるメリットをお忘れなく。

*荒木先生の関連記事はこちら↓
「つみたて投資は上がっても下がってもチャンス!」
次のページ>>「ターゲットイヤータイプ」を例に資産のバランスを考える  
36 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ