最新号のお知らせ
25.Apr.2019

with編集長 北原かおるがwith6月号の見どころをお届け!with史上初・今田美桜さんと岡田健史さんの両面表紙!大特集”お値段以上”のコスパ服の選び方

今号の大特集は“お値段以上”のコスパ服の選び方

pattern_1
今や、買い物をする前提にもなっている「コスパがいいこと」。でもそれってどういうこと?に正面から向き合いました。安くても着回せなければコスパがいいとは言えないし、多少お値段が張っても週に何回も着たくなるような服であればコスパ力が高いですよね。さらに、そのアイテムを着ることで得られる高揚感や褒められ体験、付加価値を感じられれば……それが“お値段以上”のアイテムなのだと編集部は考えます。この大特集では、with世代がどう「コスパ」という言葉と向き合っていくべきか、ファッションと美容それぞれのアプローチから考えてみました。企画の内容を少しずつご紹介しますね!

PART1「私たち世代に本当に必要なコスパ服って?」

pattern_1
まずは導入として、20代後半女子がコスパ服とどう向き合うべきかについて、スタイリストの地曳いく子さんとwith girlsの座談会からスタート! 著書『服を買うなら、捨てなさい』(宝島社)でおなじみの地曳さんが読者のお悩みを一刀両断。私たちに本当に必要なコスパ服の定義を導き出してくださいました。

PART2「GU・ZARA・ロペピク・ViS・GAP・H&Mで買うならこの3着」

pattern_1
今回この「コスパ大特集」をやるにあたり、読者のみなさんにアンケートを実施しました。1ヵ月の洋服代を聞いたところ、平均¥20800という回答が! 毎日オシャレに過ごすならコスパブランドとの上手な付き合いが必須、ということで、withのスタメンスタイリストたちに6大コスパブランドでwith読者が買うなら何がオススメ?と質問。ブランドごとに回答アイテムを入れたスタイリングをしてもらいました。みなさんはどのアイテムが気になりますか?

PART3「オンオフ使える“通販ブランドだけ”着まわし14days」

pattern_1
買い物といえば「通販」で、との声も多く聞かれる昨今。今すぐポチれて、バリューのあるコスパアイテムとは? を探るべく、ALL通販ブランドで作る着まわしワードローブを考えてみました。トレンド感があり、安っぽくなくて、毎日のように着まわすことができる厳選アイテムを揃えましたので、どうぞご参考になさってくださいね。各コスパブランドでこれを買うべし!といったお買い物指南もご紹介しています。

PART4「『ユニクロ』で今より何倍もおしゃれをする方法」

pattern_1
前号でも話題の、ユニクロ通エディター伊藤真知さんに総力取材。今買うべきユニクロとするべき着こなしをご紹介します。編集部でもかぶり買いが多発するユニクロの服。コスパも機能性も抜群だけれど、シンプル服なだけに着こなしが難しいことも。この企画でご紹介している簡単な着こなしテクを取り入れれば、いつものユニクロコーデが見違えちゃいます。そんなテクの数々を、アリスが素敵に着こなしてくれました!

次のページは>> PART5「20代後半女子が“お金をかけるべきもの”&“安くて使えるもの”high&Low 目利き発! コレ買ってよかったBest80」

85 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ