編集部|妊活・子育て

【都内OLの出産日記 ④】痛い?怖い?いやいや楽しい!無痛分娩での出産レポ〈前編〉

こんにちは。withLabエディターの難波静香です。

昨年、無痛分娩(※麻酔分娩)で第一子を出産しました。初産だったので、予定日が近づくにつれて緊張が高まっていったのを昨日のことのように覚えています。

今回は、陣痛開始から出産までの一部始終をレポートしたいと思います。出産を控えている方の不安が少しでも解消できたら幸いです。

※私が出産した愛育病院は麻酔分娩(完全無痛ではなく和痛)を導入していて、「自然陣痛を待つ」「24時間麻酔対応ができる」「基本的には自然分娩を推奨」という方針でした。無痛分娩でも、病院差があります。

【4:00】ガチ陣痛が3〜5分間隔。いざ、病院へ!

2日前 最後の妊婦検診
お印がきていることと子宮口が1.5cm開いたことを確認。胎児の体重も予定日2日前にして推定3kg強に達し、前駆陣痛も始まっていたので、母胎はいつでも出産を迎える状態に。
日中は散歩、スクワット、母乳マッサージをしながら過ごし、夜間はアプリの陣痛カウンターを更新しながらときを待つ。(前駆陣痛と本陣痛の違いが分からないので、未曾有の痛みを待機していたこの頃が最も不安でした)

4:00 陣痛タクシーでいざ病院へ!
会話にならない程度の痛みの陣痛が3~5分間隔になり、これ本陣痛?と自信なさげに陣痛窓口に電話したら「診てみましょうか」とのwelcomeサインをいただき、陣痛タクシーで病院へ。
(不安から解放されナチュラルハイになっていました)

5:00 陣痛遠のき、ひとまず待機
戦々恐々とした状況から一転、病院に着いた安心感により陣痛が遠のく。
診察で子宮口が3.5cmまで開いてることを確認できたものの前駆陣痛さえおさまったので、LDR(分娩室)はガチの方にお譲りし、待機用の部屋で様子をみることに。
pattern_1
8:30 朝食をいただき優雅な朝
一旦帰宅して次の本陣痛を待つか、陣痛促進剤を投与して出産に進めるかを聞かれ、後者を選択。胎児がそこそこ大きい想定だった(というより、家に帰るのが怖すぎた)ので即答。

肩身が狭い面持ちで待機していたところに、朝食が配膳される。(「お産に備えて体力回復させてくださいね」との、看護師さんの優しい言葉に救われました)

待機部屋では、同じく陣痛遠のいて帰宅する妊婦さんや、麻酔! 麻酔! と連呼している妊婦さんなど、いろんな会話をBGMにしながらウトウト……。(私は取り乱さず、大人しく産もうと心に誓いました)

夕方まで産気づかないとのことで、付き添ってくれていた夫は急遽職場へ。

【13:00】仕切り直して陣痛促進剤を投入

13:00 陣痛促進剤を投与し、ときを待つ
ちゃっかり昼食までご馳走になり、陣痛促進剤を投与。麻酔は子宮口が開ききってからにしましょうと説明を受ける。(明け方の緊迫感が嘘みたいに、完全にリラックスしていました)
pattern_1
次のページ>>レベルが違った本陣痛。驚いた赤ちゃん心拍数降下……  
21 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ