withonlineロゴ
  • 子ども
  • 中学受験「不合格より怖いこと」とは一体何なのか?
編集部|子ども

中学受験「不合格より怖いこと」とは一体何なのか?

SHARE

目先の偏差値よりも、試行錯誤する経験が大切

せっかく中学受験をするのなら、親がべったりつきっきりにならず、そのぶん偏差値が多少低くなってしまってもそれを良しとして本人の頑張りで入れる中高一貫校に入り、そこで豊かな思春期をすごすのが、私のおすすめだ。

塾の先生たちも「家では勉強を教えないでください」と口を酸っぱくして言う。親子では心理的な距離が近すぎて、お互いにストレスが溜まってしまうからだ。

しかしなんとか子どもの成績を上げてやりたい親はそこで、プロの手を借りることを発想する。サピックスや四谷大塚に通うのに加えて、個別指導塾に通ったり、家庭教師をつけたりするのだ。中学受験が「課金ゲーム」に例えられるゆえんである。

たしかに親が余計な口や手を出すよりは、お金だけ出すほうがよほどいい。でも、ただでさえ速く正確に正解にたどり着くことを求められる中学受験勉強において、自分なりの勉強方法を見つける試行錯誤すら許されず、勉強の仕方まで手取り足取り指図されるのだとしたら、中学受験勉強という営みのなかのどこに、子どもたちは「自分」を感じることができるのだろうか。
 
速く正確に正解にたどり着くことがルールであることは、スポーツにルールがあるのと同じで仕方がない。しかしゴールを目指す方法すら「自分では考えるな」と言われたら、そんな勉強の何が楽しいのか。

「君が自分の力でやれるところまでやってとった成績なら、どんな成績だって誇らしい。それ以上に背伸びしなければ受からない学校なら、受からなくていい。魅力的な学校はたくさんあるから、自分なりの努力で入れる学校に堂々と通えれば、十分に立派なことだ。思い通りの成績がとれなくて悔しいこともあるかもしれないけれど、そんなときは自分なりに試行錯誤しながらやってごらん。その経験自体が君の人生にとっては大きな財産になるから。そのほうが、目先の偏差値よりも、大切だから」と言われたら、子どもはどれほど励まされ自信をもつことができるだろうか。

その機会を奪ってまで目先の成績を上げることに、どれだけの意味があるのか、よく考えたほうがいい。
次のページ>>親が最終的にたどり着くアンビバレントな感情とは?
 
30 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS