withonlineロゴ
編集部|妊活・子育て

第二子育児でお母さんが“疲れ切らない”秘訣は【杉山愛さん46歳出産記 第3回】

第二子育児でお母さんが疲れ切ってしまわないために。秘訣は夫との「授乳シフト制」でした

第一子の妊娠出産体験を語って多くの女性から共感を得た杉山愛さん。不妊治療を経て40歳で第一子を出産し、約6年経った今年、45歳で第二子を授かり大きな話題に。「奇跡」といわれたその年齢での妊娠・出産にはどんなストーリーがあったのか。二人の子の育児真っ只中の愛さんと夫の走(そう)さんにお話を伺いました。短期連載の3回目の今回は、「いざ出産」というときの出来事から、産後の肥立ち、夜間の授乳対応術まで、体験談をお届けします。
pattern_1
杉山愛・走(すぎやまあい・そう)
1975年生まれ。元プロテニスプレイヤー。WTAの最高世界ランキングはシングルス8位、ダブルス1位(日本人選手初)。オリンピックには4回連続で出場し、34歳までツアーを転戦。現役引退後は、ジュニア選手の育成プロジェクトを立ち上げ、指導者として後進の育成にあたっているほか、スポーツ解説者、コメンテーターとしても活躍中。2児の母。長男を2015年に、長女を今年7月に出産。夫の走さんはケニア出身の元プロゴルファー。現在は愛さんのマネージャーを務めている。

分娩台に乗って19分で産声が! 驚きのスピード出産でした

高齢出産といえば、出産時のリスクや産後の母体の回復力、赤ちゃんを育てる上で体力が持つのか……など、気になることは山ほど。そんな疑問の答えとなる1つのケースとして、体験者である杉山愛さんと、近くで寄り添い見守ってきた夫の走さんに語っていただきました。

走さん(以下、走):今回の出産は、検診のたびに「母子ともに順調です」と言われてきたから、心配事はそこまでなかったけれど、とはいえ、愛は46歳。前回の出産から6歳年を重ねているから、今回は体力の消耗が大きかったり、回復までに時間がかかったりするかもしれない、という心構えはしていました。

愛さん(以下、愛):それが、まさか19分なんていうびっくりするような短い時間で産まれてきてくれて。おかげで、長時間の痛みによる体へのダメージや疲労感はだいぶ軽く済みました。

:長男のときより、出産後の回復はずいぶん早く感じましたね。「高齢出産だと回復に時間がかかる」という話を耳にするけれど、愛を見ていた限りでは、年齢だけが関係することではないのかなと……もちろん個人差があると思うけど。

:スピード出産であっても、産後はやはり大変でした! 1ヵ月くらいは、あちこち痛いし、眠いし、疲れやすいし……とにかく調子が悪かった。ただ、なぜか回復する速度は6年前より速くて、産後2ヵ月を過ぎた今は(編集部注:取材時)、すっかりラクになっています。

:愛がアスリートで、体力が人並み外れてあるということが前提になっているけれど、出産の辛さや産後の肥立ちには、体力やその人の状況によっても差があるだろうから、「高齢だから」という理由だけで必要以上に不安を感じることはないのかもしれないですね。
次のページ>>全く覚えていなかった「赤ちゃんのケア」
31 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS