withonlineロゴ
賢さ控えめ開成ボーイ ぎん太の家族とおうち勉強法

読書は食事と一緒! 本の食わず嫌いをなくす方法【賢さ控えめ開成ボーイ ぎん太の家族とおうち勉強法】第32回

偏差値40台から、ほとんど塾に行かずに開成中学に合格したぎん太さん。その秘密はお母さんがいろいろな情報をカスタマイズしたり、独自に編み出してきた、おうち勉強法にありました…! お金をかけなくても、ラクに楽しく学ぶことができる! その目からウロコの勉強法を、現役高校生がゆる~いタッチで綴ります。
 

第32回 読書は食事と一緒! 本の食わず嫌いをなくす方法

上の弟は無口で、気持ちを伝える言葉をあまり持っていないようでした。
読んでいる本は知識を身につけるようなものが多く、物語は少なめでした。
僕は面白くない本を読みたくないので、他人のオススメや流行っている本を選ぶことが多いのですが、
弟も面白くない本を読みたくないからか、物語は一度読んで面白かった本のシリーズや、同じ作者の本ばかり読んでいました。
低学年向けの本を高学年で読んでももちろんいいと思います。
母は「表現力や心情に関する語彙を増やして欲しい。勉強するより、読書しながら楽しんで身につけて欲しい」と考えていたそうです。
実際母にすすめられた外国の物語や歴史小説は面白かっただけではなくて、中学高校での勉強時間を減らす役に立ちました。
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
次のページ>>コンちゃんに、色んな本を読んでもらうために再開した事とは…?
46 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS