withonlineロゴ
賢さ控えめ開成ボーイ ぎん太の家族とおうち勉強法

子どもの「勉強時間」を減らす【賢さ控えめ開成ボーイ ぎん太の家族とおうち勉強法・第4回】

偏差値40台から、ほとんど塾には行かずに開成中学に合格したぎん太さん。その秘密はお母さんが編み出した、独自のおうち勉強法にありました…!お金をかけなくても、ラクに楽しく学ぶことができる! その目からウロコの勉強法を、現役高校生がゆる~いタッチで綴ります。

第4回・子どもの「勉強時間」を減らす

小学校では、4年生のとき都道府県と県庁所在地の名前と場所を覚えます。

覚え方がわからなかった母は、子供の頃、祖母に頼んでひたすら何度も指差しながら音読して覚えたそうです。でもテストが終わると記憶はあやふやになり「苦行で無駄な時間だった…」と思ったそう。その経験から、僕たちには「時間をかけず、苦しまず、忘れない方法」で覚えさせることにしました。

何度も目にしているうちに「自然に知っていた」状態にするために、家中の様々な場所にポスターを貼り、パズルやゲームでのんびり3年計画でスタート。でも、3年もかからず、母の気がつかないうちに僕たちは覚えていたそうです。

都道府県や県庁所在地を勉強せずに済んで、ラクちんでした!
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
次のページ>>最近、僕は下の弟にも・・・
31 件
カテゴリーの記事一覧
pattern_1

ぎん太

「賢さ控えめ開成ボーイ ぎん太の家族とおうち勉強法」を連載中。母が考えた勉強法や家族のこと、学校生活をゆる~く綴る。

この著者の全ての記事を読む

SHARE

AUTHORS