withonlineロゴ
  • 共働きwith
  • 妊活・子育て
  • 奇跡の46歳出産!「実は予想外でした」。超高齢の自然妊娠に悩んだこととは【杉山愛さん出産記 第1回】
編集部|妊活・子育て

奇跡の46歳出産!「実は予想外でした」。超高齢の自然妊娠に悩んだこととは【杉山愛さん出産記 第1回】

「実は予想外でした」。と語る超高齢の自然妊娠に悩んだこと

第一子の妊娠出産体験を語って多くの女性から共感を得た杉山愛さん。不妊治療を経て40歳で第一子を出産し、約6年経った今年、45歳で第二子を授かり大きな話題に。「奇跡」といわれたその年齢での妊娠にはどんなストーリーがあったのか。二人の子の育児真っ只中の愛さんと夫の走(そう)さんにお話を伺いました。短期連載1回目の今回は、妊娠がわかったときのお互いの気持ちから周囲の反応、公表のタイミング、復帰についてを語っていただきました。
pattern_1
杉山愛・走(すぎやまあい・そう)
1975年生まれ。元プロテニスプレイヤー。WTAの最高世界ランキングはシングルス8位、ダブルス1位(日本人選手初)。オリンピックには4回連続で出場し、34歳までツアーを転戦。現役引退後は、ジュニア選手の育成プロジェクトを立ち上げ、指導者として後進の育成にあたっているほか、スポーツ解説者、コメンテーターとしても活躍中。2児の母。長男を2015年に、長女を今年7月に出産。夫の走さんはケニア出身の元プロゴルファー。現在は愛さんのマネージャーを務めている。

長く辛い不妊治療の後に長男を授かり、もう十分幸せだと思った矢先に

6歳の長男、悠(ゆう)くんと7月に生まれたばかりの心(ここ)ちゃんの子育て真っ最中の杉山愛さんと夫の走さん。悠くんの妊娠出産エピソードから、改めて思い出を振り返って語ってくださいました。

愛さん(以下愛):長男のときの話からお伝えすると、結婚したのが36歳だったので、年齢的なこともあって、すぐに妊活をスタートさせたんです。

走さん(以下走):そう、二人で検査に行って、妊娠に必要な機能的にはお互い何も問題はないとわかって。まずはタイミング法から始めたよね。

:そんなに時間がかからず妊娠はできたのだけれど、残念ながら流産という結果になりました……ひどく落ち込みましたね。ただ、自然妊娠ができたのだから、まだこの先も可能性はある! とポジティブに捉えて治療を続けました。その後、人工授精から体外受精にステップアップしたのですが、なかなか授かりませんでした。

:愛の負担を考え、いったんお休みしてみよう、と妊活を1年ほどやめて、再度チャレンジした時に長男を授かったんです。3年が経っていましたね。

:そんな経緯もあって妊娠をすることの難しさは身をもって知っていたので、まさか、45歳という年齢で自然妊娠をするとは思ってもみませんでした。
 
:長男の妊娠がわかったときには感極まって泣いてしまったんだけど、二人目のときは予想だにしていなくて、愛から陽性(妊娠)反応が出ている検査薬を見せられてもとにかく状況が飲み込めなくて。

:確かに…… 長男のときのドラマティックな反応とはまったく違ってた(笑)。頭の中に「?」がいっぱい浮かんでいるような微妙な表情をしていて。でも、その気持ちもよくわかるんですよ。私自身も独特の胸のハリや気持ち悪さを感じて、「もしや?」と思って妊娠検査薬を試してみたのに、いざ陽性の反応を見たときは椅子から転がり落ちるかと思うほど驚きましたから(笑)。

:いや、だって、その2~3日前に「そろそろ閉経する可能性があるかも」なんて聞かされていたのに、「妊娠した」と言われても……話の落差がすごすぎて(苦笑)。

:今まで生理周期が乱れるようなことがないタイプだったのが、1週間も遅れたんです。年齢のこともあるし、そろそろ閉経なのかな? と思っちゃって。

:妊娠が本当ならこの上なくハッピーだけれど、ぬか喜びはしたくないという警戒心もあったと思う。長男を授かるまでのことを考えても、この年齢でまた赤ちゃんを授かるなんてミラクルすぎて。それで、精度の高い妊娠チェッカーをもう一度試してくれってお願いして。でも、結果は同じ! それを見てやっと受け入れられたという感じでした。
次のページ>>「お兄ちゃんになるよ」と聞いた長男は……
42 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS

  • 共働きwith
  • 妊活・子育て
  • 奇跡の46歳出産!「実は予想外でした」。超高齢の自然妊娠に悩んだこととは【杉山愛さん出産記 第1回】