妊活・子育て
辻希美の「大好きな人と結婚しよう」
07.May.2020

辻希美『アイドル時代について、私が今思うこと』大好きな人と結婚しよう【第27回】

私を成長させてくれた、モーニング娘。時代

今のモーニング娘。とはまた違うと思いますが、当時はメンバー内での上下関係が厳しかった時期。それも、けっこうキツかったなあ(汗)。2年間ぐらい一番下っ端だったから、荷物は床の隅っこにおいて、部屋を出るのは必ず最後。そんなわけで、「早く、後輩入ってきてくれ〜!」とずっと思っていました(笑)。

コンサートでいろんな地方を回るんですが、その記憶はあまりないですね……。どこに行っても、移動中はずっとカーテンが引かれていて外が見えないし、もちろん地元の美味しいお店なんかも行けず……。ホテルの部屋のドアから廊下を見ると、警備員が立ってるし、気軽には出られない状態でした。ツアーの思い出といえば、「差し入れがサイコー♡」ということぐらい(汗)。

けれども、モーニング娘。を卒業する1年くらい前に、「ダンスは体で覚えればいいんじゃ? 頭で覚えようとするからダメなんだ!」と気づいて。それまで「右手を上げてからステップを踏んで……」と、頭でいちいち考えていたんですよ。でもダンスって、体で踊るじゃないですか。それから「曲に合わせて体で踊る」ことを心がけたら、一気にダンスが楽しくなったんです。このころから、「踊るのって楽しい、コンサート大好き!」と思えるようになりました。

それと同時に、レッスンや歌番組に出ることも好きになって、お仕事を楽しめるようになりました。けれどもその後、ソロになったことで、またまた壁に直面! それまでは大人数のなかで活動していたので、たとえ失敗しても誰かがフォローしてくれたんです。でもソロになったら、ぜんぶ一人でやっていかなきゃならない。背負うものが大きくて、プレッシャーを感じていました。けれどもそのおかげで、すごく成長できたと思います!
次のページ>>あいぼんがいなかったら、私、多分無理でした(笑)  
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ