withonlineロゴ
辻希美の「大好きな人と結婚しよう」

辻希美「冬に欠かせないおうちごはんの大定番! わが家の鍋料理レパートリー」大好きな人と結婚しよう【第101回】

人間関係
モーニング娘。のメンバーとしてデビューし、現在は中学生の長女、小学生の長男と次男、2歳の三男の、4児の母となった辻希美さん。日々、育児のかたわら芸能活動を続けています。そんな辻さんの連載「大好きな人と結婚しよう」、今回のテーマは、寒さが本格化した今、みんなで囲みたい鍋料理。「冬の間はいろいろな鍋を楽しみます」という辻さんのレシピは、鍋のマンネリ化に悩む人の参考になるはず!

小さなキッズがいるわが家では、火鍋用の鍋が大活躍

こんばんは! 辻希美です。
いつも連載を読んでいただき、ありがとうございます。おかげさまで100回を超えました! 200回、300回を目指していきたいと思っていますので、引き続き、応援をよろしくお願いします。
さて、すっかり寒くなり、冬本番という感じになってきましたね。朝晩が冷えてくると鍋の時期が来たなと感じます。温かい鍋は体の芯から温まるし、野菜もたっぷり摂れるので、体調を崩しやすい季節を健康に過ごすためにも欠かせない料理です。
わが家の鍋料理といえば、前回、この連載でもお話ししたおでんに、“大根おろしアート”をのせたみぞれ鍋、そのほかにもいろいろとレパートリーがあります。

ここ数年、よく登場しているのが火鍋です。わが家には火鍋専門店のような真ん中に仕切りがあり、2つのスープ(出汁)を入れられる鍋があります。ずいぶん昔に買ったもので、ただ火鍋が好き! という理由で購入したのですが、子どもがいる家庭にとても便利なものだということに気づきました。小さな子どもと一緒に食べるとなると、親は辛いものやスパイシーなものを我慢しがちですよね。でも、火鍋用の鍋なら片方に辛いスープ、片方に子ども用の辛くないスープを入れられるので、親も子どもも鍋を満喫できます。子どもの年齢や好みに合わせた2種類のスープを入れることもできますし、火鍋用の鍋は子育てファミリーに向いていると思います
pattern_1
辛さの違うスープを作れるだけでなく、違う味のスープ2種類を楽しむこともできる、本当に使える鍋なんです!
火鍋の“スープ”自体は、ネットでお取り寄せをしているのですが、特に定番というところはなくて、あえて毎回、違うところをチョイスしていろいろな味にトライしています。入れる具材は、肉は豚肉が多くて……あとは細切りの白菜、マロニーは必ず入れる、というのがわが家流かな。あとは、そのときどきで家にあるものを入れています。
次のページ>>主婦のミカタ! お気に入りの鍋スープのもとは、“赤から鍋”と“塩レモン鍋”
37 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS