妊活・子育て
辻希美の「大好きな人と結婚しよう」

辻希美『家族の誰かが不調になったとき、とるべき対策とは!?』大好きな人と結婚しよう【第66回】

モーニング娘。のメンバーとしてデビューし、現在は中学生の長女、小学生の長男と次男、2歳の三男の、4児の母となった辻希美さん。日々、育児のかたわら芸能活動を続けています。そんな辻さんの連載『辻ちゃんの恋愛論 大好きな人と結婚しよう』。第66回のテーマは、子どもの不調について。すぐに高熱を出したり、一人が病気になるとみんなにうつっちゃったり……、子育て家族の大問題を、辻さんはどうクリアしてきたのでしょう?

咳が止まらなくて寝られないときは、本当にかわいそう(涙)

こんばんは、辻希美です!

今回は、子どもの病気についてお話ししたいと思います。子どもって幼少期は、本当によく熱を出しますよね〜。じつは我が家の子どもたちは、三男をのぞいて全員が一回は入院しているんですよ。みんな、生後数ヵ月のころにRSウイルス感染症にかかっちゃったんです。

RSウイルスというのは呼吸器系の感染症で、乳幼児の半数以上が1歳までに、2歳までにはほぼ100%かかるそうです。それにかかると、ウチの子たちは咳がすごくひどくなっちゃって……。「ゼーゼー」「ヒューヒュー」って、喘息っぽくなっちゃうんですよね。

そこまでひどくなくても、季節の変わり目には必ず誰かしら体調を崩しますね〜(汗)。そうなると様子をみてからかかりつけの病院に行って、薬をもらって、安静にさせるようにしています。

喘息っぽい感じになっちゃうときが多いので、治療薬を吸入する専用の器具も買いました。横になると咳が出て止まらなくなっちゃうから、私が座って抱きかかえて一緒に寝ることもありました。
次のページ>>一番大変だったのは、インフルエンザ、アデノ、溶連菌にトリプルでかかっちゃったとき!  
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ