withonlineロゴ
辻希美の「大好きな人と結婚しよう」

辻希美「子どもはモモ肉、旦那さんはササミ!」という【わが家の鶏肉料理】 大好きな人と結婚しよう【第109回】

人間関係

「子どもはモモ肉、旦那さんはササミ!」という【わが家の鶏肉料理】

モーニング娘。のメンバーとしてデビューし、現在は中学生の長女、小学生の長男と次男、3歳の三男の、4児の母となった辻希美さん。日々、育児のかたわら芸能活動を続けています。そんな辻さんの連載「大好きな人と結婚しよう」、今回のテーマは【鶏肉】。モモ肉、ムネ肉、ササミという3種類の鶏肉を使った定番料理を紹介してもらいました。

筋トレマニアの旦那さんはムネ肉&ササミ、子どもたちはモモ肉が大好物♡なわが家

わが家の料理に一番使うお肉といえば、【鶏肉】です。旦那さんがとにかく“鶏肉推し”!

あらゆる料理に鶏肉を使うことをすすめてきます(笑)。ご存じかもしれませんが、うちの旦那さんは筋トレ命のマッスルボディの持ち主で日々、筋肉を育てることに一生懸命!……なので、その筋肉の“もと”になる高たんぱく、低脂質の鶏のムネ肉とササミをめちゃくちゃよく食べます。子どもたちもムネ肉やササミを食べますが、どちらかといえばジューシーなモモ肉の人気が高いんです。

鶏肉は万能な食材として、いろいろな料理に使うのですが、その中でもよくつくるわが家の定番メニューを今回はご紹介します!

わが家の鶏ムネ肉の大定番といえば“サラダチキン”。一度に2キロを調理します!

わが家でもっともよくつくる鶏肉料理といえば、“サラダチキン”! 
小学生男子2人が蒸し鶏好きなので、一度に大量につくってストックします。1回に調理するのは、5~6枚。この作り置きの“サラダチキン”があると、それをベースにバンバンジーなどいろいろな料理にアレンジできるので便利なんですよね。

つくり方はとっても簡単です。
①観音開きにした鶏ムネ肉にフォークで穴を開けたら、わが家では一枚につき、砂糖を小さじ1くらいと塩小さじ半分くらい、お酢少々で下味をつけます。
②手で揉み込んで味をなじませたら、鶏がらスープの素少々をまたしっかり揉み込みます。
③全体に片栗粉を薄くまぶせば、下味はOK。片栗粉を入れると、お肉がしっとりしてまるで市販のサラダチキンのような仕上がりになるんです。
④下味をつけたムネ肉はひとつずつ耐熱の調理用ジップバッグに入れて、半日から一日くらい冷蔵庫に入れておくのが味を染み込ませるポイント! 
⑤鍋にお湯を沸かし、沸騰したら弱火にして、ジップバックを投入。蓋をして15分ほどしたら火を止めます。お湯が冷めるまでそのままほったらかしにしたら完成です。

*お鍋の大きさや一度に調理するお肉の枚数によっても変わってくるので、中まで火が通っているか、必ず確認してくださいね。
pattern_1
サラダチキンを作っておくと、なにかあと1品ほしいな、というときもササッとできちゃいます!
次のページ>>わが家のから揚げは“ムネ肉派”
 
36 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS