withonlineロゴ
辻希美の「大好きな人と結婚しよう」

辻希美「子どもはモモ肉、旦那さんはササミ!」という【わが家の鶏肉料理】 大好きな人と結婚しよう【第109回】

人間関係

から揚げは下味にマヨネーズを入れるのが柔らかさの秘訣!

子どもたちが大好きな鶏ムネ肉料理といえば、塩から揚げ。醤油味より断然、塩味のほうが人気です。皆さん、それぞれのご家庭で定番となっている作り方があると思いますが、わが家の場合をお伝えしますね。

食べやすい大きさにカットしたムネ肉にニンニクとショウガのすりおろし、塩、砂糖、マヨネーズで下味をつけます。このマヨネーズが柔らかさのカギ! パサつきやすいムネ肉がジューシーで柔らかく仕上がるので、とても食べやすくなります。あとは片栗粉をまぶしてカラッと揚げれば出来上がりです。醤油味ベースの唐揚げと比べるとサッパリしていて美味! おかずにもおつまみにも最高です。

ところで、唐揚げの衣は、「生卵と片栗粉を混ぜる派」と「片栗粉をまぶすだけ派」がいると思いますが、みなさんはどちら派ですか? いろいろなレシピがあって迷うところですよね。以前、卵を入れる方法にもトライしてみたのですが、衣がぶ厚くなって肉がコーティングされすぎるような気がして…… 私の場合、衣は軽い感じが好きなので、今は卵は不要かな~というところに落ち着いています。ちなみに、子どもたちは私のそんな悩みには気づいていないよう……どちらを作っても「おいしいおいしい」と食べてくれます(笑)。

ただ、卵を入れると時間が経ってもしっとり感が続くという話も聞いたので、お弁当のおかずとして唐揚げをつくるときには入れたほうがいいのかなあ……と、まだまだ模索中です。
pattern_1
こちらがわが家の定番、塩から揚げ。いくらたくさん揚げても、残ることはありません!

捨てる神あれば拾う神あり。とり皮ラバーな娘のおかげの絶妙コンビ

旦那さんは、良質な筋肉を育てたい、鍛えたラインでいたいという希望を持っているので、鶏ムネ肉を調理するときは、皮を取り除くようにしています。余計な脂質を摂るのは避けたいと思うんですよね。

かといって、皮をムダにするのもイヤですよね。そんなときによくつくるのがとり皮ポン酢。皮を茹でて細切りにしたものに、細切りのネギとポン酢を混ぜるだけという超簡単な一品なのですが、とてもおいしくて、長女の大好物です。うちの家族は誰かが苦手なものが誰かの好物だったりして、食の好みが食材をムダにしないような好バランスで助かります。
次のページ>>ササミはこんなふうに食べています!
 
36 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS