妊活・子育て
辻希美の「大好きな人と結婚しよう」
08.Oct.2020

辻希美『イヤイヤ期も反抗期も!向き合いすぎずに信頼することで乗り越えたい☆』大好きな人と結婚しよう【第48回】

イヤイヤしたいなら、イヤイヤしてもらいましょう♡

こんばんは、辻希美です!

今回は、ちょっと難しい時期の子どもとの向き合い方についてお話ししたいと思います。まずは、2歳くらいでやってくる“イヤイヤ期”について。もうねえ、この時期はホント、「イヤ!」っていうのが口癖みたいなもんで。ただ言ってるだけのこともあって、「すべてがイヤなわけではない」んですよ。

我が家では今、ちょうど三男がイヤイヤ期に突入したかな、というところなんです。「オムツはくのイヤ!」「洋服も着たくない!」「靴もイヤ!」という感じ(笑)。でも家の中だったら、べつにオムツはいてなかろうが、洋服着てなかろうが、いいかな、と。そのうち、着たくなったら着るだろうし……。

ご飯もそう。食べなかろうが、お腹がすいたら食べるんですよ、ヤツらは(笑)。だから子どもと向き合いすぎない、ということも大切じゃないかな。いいんですよ別に、好きにさせておけば。じゃないと、こっちがもちません(汗)。

ただし私がこう思えるようになったのは、3人目くらいから。1人目のときはとにかく育児書通りに、「あ、まだ寝返りできてない」「大丈夫かな、ハイハイ遅すぎないかな」っていちいち心配していました。離乳食なんかも、ホント本の通りにしっかり作っていたし……。育児書と向き合い、子どもと向き合い、という感じ。まだ動画やネットから情報もとれなかったし、いちいち一喜一憂していました。
次のページ>>子どもの成長は、全員が全員、まったく違う!  
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ