編集部|子ども

その“おりもの”は危険信号!? 気になる色や匂いなど「おりもの」の異常をチェック!【専門家監修】

5、妊娠してもおりものが少ない……大丈夫?

妊娠するとおりものが増える傾向にあるのですが、少なくなる方もいらっしゃいます。
増えないと不安になるかと思いますが、おりものの分泌量は個人差があるので、妊娠したからといって必ず増加するわけではありません。
妊娠してもおりものの量が変わらなかたり、逆に減少する場合もありますが、量が増えないからと心配する必要はありません。
しかし、あまりにも量が少ない状態が続く場合は、ホルモンの分泌が不足している可能性もあります。
ホルモンの分泌が不足する原因としては、ストレスなどでホルモンバランスが崩れている場合と、黄体機能不全と言ってホルモンが正常に分泌されていない可能性もあります。
そのためおりものの量があまりにも少ない状態で妊娠が判明した場合には、病院を受診し、相談されることをお勧めします。

6、出血が混じっていることもあるの?

妊娠初期のおりものには少量の出血が見られる場合もあります。
これは着床による出血で「着床出血」とも呼ばれています。
ピンク色や茶色のおりものが少量出てくることがありますが、この出血は一時的なものです。
着床出血は約3人に1人の割合であるとされていますが、実際に自分で認識できる人は多くなく、ほとんどの方はこの着床出血に気づくことはないと言われています。
初期の流産や生理の出血ではないかと勘違いしがちですが、着床時期の出血は量も少なく、数日で治ります。量が多い出血が継続したり、基礎体温が低下したりしているようであれば、着床による出血ではない可能性もありますが、1回の出血では判断できません。
出血だけではなく、お腹の痛みも伴う様であれば病院を受診してください。
次のページ>>7、妊娠中に様子を見て大丈夫なおりものは?
64 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ