妊活・子育て
わたなべ麻衣のハッピーオーラの秘密
10.Nov.2020

わたなべ麻衣「妊娠中のおしゃれに欠かせなかったのはZARAとユニクロ!」【連載第10回】

自分に合うものに巡り会えるまでひたすらトライ&エラー!

ウエストゴムのマタニティパンツは正解だったけど、逆にムダになったマタニティグッズもめちゃくちゃたくさんあります。
あり過ぎてあんまり覚えていないんですけど(笑)、妊婦さん用のブラジャーとか骨盤ベルトとかは完全にNGでした。
つわりが本当にひどかったから、マタニティ用とはいえほんの少しの締め付けもからだが受け付けてくれなくて。
着けようとした瞬間に「あ、これ無理なやつだ……」って悟りました。

マタニティグッズは先輩ママにすすめられたものとか、ネットを見ていて気になったものを買っていました。とりあえず試してみないと自分に合うかとか、使えるかどうかとかはわからないので。ひたすらトライ&エラーです。

買い物に失敗はつきものとはいえ、「自分に合うマタニティグッズってなんて少ないんだろう」と思いましたね。
同じウエストゴムのマタニティウエアでも、穿いてみたらゴムの当たる位置が悪いとかゴムの伸びがいまいちとか、些細なことなんですけど「ここさえこうだったら最高なのに!」みたいなものが多かった印象です。
ただ、それは私の感じ方であって、人によっては言うことなしの100点満点のアイテムなんだと思います。採点基準はみんなバラバラですからね。
失敗もたくさん体験して、マタニティと謳っているものが必ずしも妊婦さんに優しいわけではないんだなって気づきました。
こういうマタニティグッズの現状を変えられたらと思って自分でプロデュースすることも一瞬考えたんですけど、結局のところ自分の妊婦体験を基にした独りよがりの商品になっちゃうと思ってすぐ諦めました(笑)。
お腹の出方ひとつとっても千差万別だから、私の体験談だけで作っても意味がなくて、星の数ほどあるマタニティグッズのひとつにしかなりえないなって。


結論、マタニティグッズは気が済むまで試してみるしかない!(笑)
100人いれば100通りの正解があって、失敗して当たり前。運命の出会いを掴むまで、チャレンジし続けたもの勝ちだと思います!
pattern_1
【Profile】
わたなべ麻衣(わたなべ・まい)

1989 年9月23日生まれ。『VOCE』『ar』など、数々の女性誌で活躍するほか、タレント、女優としても人気上昇中。『ZIP!』へのレギュラー出演、2019年タレントのJOYさんとの結婚で、より注目を集める。自身初となるデジタル写真集『change』では、美ボディを大胆に披露している。自身のファッションブランド「M nort」(https://www.instagram.com/m_nort.official/)プロデュースなど活動の幅を広げている。
撮影/田形千紘 スタイリスト/松井朋香 ヘア&メイク/秋山瞳 取材・文/山田理華子
【お問い合わせ先】
ゴールディ(0120-390-705)、スタニングルアー 青山店(03-6418-4783)、ジュエッテ(0120-10-6616)
 
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ