withonlineロゴ
  • 共働きwith
  • ピープル
  • 「自分を好きでいる、認めてあげる」40代に突入した優香が子どもに伝えたい「生き抜く力」【短期集中連載 Vol.4】
編集部|ピープル

「自分を好きでいる、認めてあげる」40代に突入した優香が子どもに伝えたい「生き抜く力」【短期集中連載 Vol.4】

高校生で芸能界デビューしてから24年。今もなお、自然体で明るいキャラクターが多くの人から愛される優香さん。バラエティ番組の司会から女優業など幅広く活躍。知名度・好感度ともに不動のものとなっています。

そんな優香さんが結婚したのは2016年のこと。1児の母にもなり、この数年ではプライベートに大きな変化が。その過程の中で、仕事や生活、価値観に何か変化はあったのでしょうか? 普段はご自身についてあまり多くを語らない優香さんが、今の思いを率直に教えてくれました。

今回は、40代に突入した優香さんが今思うこと、そしてお子さんに伝えたいことを伺いました!

いつ自分はのんびりするんだろう?

―以前、雑誌「with」(2021年4月号)のインタビューで、年齢を重ねることが楽しみとおっしゃっていましたが、今も同じ気持ちですか?

「そうですね。それは変わらないですけど、なんかもう年齢を忘れていっちゃうというか。1年が早すぎますね(笑)子育てしていると余計になのかな。サイクルがすごく早すぎて。昔、みのもんたさんが『20代は20キロ、30代は30キロ、40代は40キロ、70代は70キロのスピードで過ぎていく』っておっしゃっていて。本当その通りだなって思うんです。

歳を取ればのんびりするのかなと思っていたら、全然違う。本当にスピードが早過ぎて、いつ自分はのんびりするんだろう? いつゆったり過ごす時が来るんだろう?って思います。でも楽しみではありますね。30代も、なんだかんだ振り返ると楽しかったなと思うし」

―守るものができた今、40代はどんな風に過ごしたいですか?

「10代20代は無我夢中に走りまくっていたけど、30代は仕事やプライベートを楽しむ余裕も少しできました。40代は、思い詰めず肩に力を入れず、もっと楽な気持ちで、自分の人生を大切にしながら取り組んで行けたらと思っています」

だんだんと見守るスタンスで行けたら

pattern_1
―お子さんの成長記録は、どんなふうにつけていますか?

「以前はノートに書いていたりもしていましたが、今は日中一緒に過ごすだけでこちらもぐったりだから、夜寝る寸前に「こんなことができるようになった」とベッドの中でメモをとるぐらいです。カメラロールは子どもと犬の写真ばっかりです(笑)

今は子どもにすごく集中しているけど、だんだんと距離感を大事に見守るスタンスで行けたらいいのかもしれませんね。あと、健康面はすごく気になるようになってきました(笑)。子育てに必要なのは本当に体力! 子どもはどんどん力もついてきますしね。美容はまだまだだとしても、そこだけは気を抜けません」
次のページ>>柔軟性はすごく大事
 
20 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS

  • 共働きwith
  • ピープル
  • 「自分を好きでいる、認めてあげる」40代に突入した優香が子どもに伝えたい「生き抜く力」【短期集中連載 Vol.4】