withonlineロゴ
  • 共働きwith
  • ピープル
  • 「自分を好きでいる、認めてあげる」40代に突入した優香が子どもに伝えたい「生き抜く力」【短期集中連載 Vol.4】
編集部|ピープル

「自分を好きでいる、認めてあげる」40代に突入した優香が子どもに伝えたい「生き抜く力」【短期集中連載 Vol.4】

柔軟性はすごく大事

― ひとりの人生の先輩として、お子さんに「生きる力」を教えるならどんなことですか?

「生きる力……。私はのらりくらりなので、大したことは教えてあげられませんが、『柔軟性』はすごく大事だなと思っているんです。これは自分も持っていないところというか、自分もほしいところというか。私、頭でっかちなんですよね。たくさんのことをこなす器用さはあるんですが、柔軟性は本当になくて。

あとは、『やってあげたくなる人』に育ってほしい。なんか手を差し伸べてあげたいって思う人っているじゃないですか。愛嬌じゃないけど、どの世界にいてもそういうのって大切だなって思うんです」

― どちらも人間力を大切に、っていうことですよね?

「そうですね。自分がされたら嫌だなと思うことは相手には絶対しないとか。逆に自分がしてもらって嬉しいことは相手にもしてあげるとか。本当にちっちゃいことなんですが、そういう優しさを持ってほしいな。

もちろん向上心とか、自分で切り開いていく野心とか、やりたいことがいっぱいあるのも大事だと思うんですが、子どもの頃に教えてもらったようなことが、やっぱり社会で生きていく中でもすごく大切なんじゃないかなと思います」

自分を好きでいる、認めてあげる

pattern_1
アシンメトリー襟¥13200、ニットトップス¥22000、ワンピース¥37400/アンスリード青山店( すべてアンスリード) パールピアス¥18700、パールイヤーカフ¥18700、エメラルドリング¥66000 /THE ANOTHER MUSEUM(すべて アルティーダ ウード)
―お子さん、そして優香さんご自身にとっても、これからの人生で心に持っておきたい言葉って何ですか?

「そうですね、“自分を好きでいる、認めてあげる”ってことかな。自分を否定しないっていうのは、本当に大事だなと思います。私はわりと自分を責めちゃうタイプだったので、勝手に窮屈になっていた時期もありました。自分で自分をちゃんと好きでいてあげないと、人に優しくできないんですよね。自分も壊れていっちゃうし、自分を助けてあげられるのは結局自分なんです。

自分の心と向き合う、自分を愛する、自分を可愛がってあげる、ということができたらいいのかな。ナルシストじゃなくてね。そしたら少し余裕が出てきて、周りもよく見えたり、人に優しくできたり。結果、頼ったり頼られたり、自分だけにこもらない生き方ができるんじゃないかなって思います」
優香
1980年6月27日生まれ。東京都出身。17歳でデビューして早々に、各種雑誌の表紙などを席巻。以降、多くのテレビバラエティ番組にレギュラー出演するほか、ドラマや映画で女優としても躍進。2016年に結婚し、現在は一児の母として忙しい日々を送っている。現在日本テレビ系で放送されるドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』(毎週水曜日22時〜)に出演中。
撮影/水野昭子 スタイリスト/宇賀愛 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) 構成・文・編集/宮原友紀
【問い合わせ先】
アンスリード青山店 TEL03-3409-5503
THE ANOTHER MUSEUM TEL03-6804-8090
 
20 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS

  • 共働きwith
  • ピープル
  • 「自分を好きでいる、認めてあげる」40代に突入した優香が子どもに伝えたい「生き抜く力」【短期集中連載 Vol.4】