編集部|ピープル

Matt「野球をやめるときは幼いなりの“繊細な葛藤”があった」今だから言えること、そして子育て世代に伝えたいこと

「僕はもう家を出なきゃいけないんだよね? 野球をやらない人は、この家にはいちゃいけないんだもん」――。野球を辞めると決心した小学校6年生の頃、そんな言葉をしきりに口にしていたというのは、野球界のレジェンド・桑田真澄さんを父に持ち、“野球ファースト”の家庭で育ったMattさん。

「Matt化」が話題となり、“自分らしく”生きる姿が支持されているMattさんですが、芸能界デビュー時には想像を絶するバッシングを受け、そしていつまでも“桑田真澄の息子”というフィルターを通して見られ続けられることにモヤモヤしたことも……。

幼い頃から「野球」に対する周りからの期待、そして重圧。芸能界デビュー後のバッシング……。どんな逆境にもめげず、Mattさんがこれまで自分らしさを貫き続けられたのは、ご両親がMattさんのやりたいこと・意見を尊重してきたからこそ。Mattさんの母・桑田真紀さんによる初の書籍『あなたはあなたのままでいい~子どもの自己肯定感を育む桑田家の子育て~』には、桑田家のこれまでとともに、子供とどう向き合うのか、子育てのヒントがちりばめられています。

今回、Mattさんにインタビューを実施。書籍の内容を一緒に振り返りながら、Mattさんが当時思っていたこと、そして現在の思いなどに迫ります。

僕にとっても、家族にとっても、母はとても大きな存在

――お母様の子育て回顧録である『あなたはあなたのままでいい~子どもの自己肯定感を育む桑田家の子育て~』は、Mattさんの成長記録でもあります。お読みになって、いかがでしたか?

Mattさん(以下、敬称略) すごく懐かしい気持ちになりました。僕は保育園のころの記憶もけっこうしっかりあるタイプで、昔のこともよく覚えているんですけど、母の視点ではどう見えていたかを教えてもらうことで、思い出したこともたくさんあって。ああ、これまで起きたすべてが今の自分をつくっているんだなあ、って改めて感じました。

――アルバムを見返すような感じなんですね。

Matt 普段から「こんなことがあったよね」とか「実はあのときはこういう事情で……」とか話すことはあるけど、文章として目にする機会はなかなかなくって。僕の場合、テレビ番組や取材などで家族との思い出を語る機会は多かったけれど、たいてい父の話で、母に注目されることはなかったから。この本が出たことで、これまで僕が言いたくても言えなかったことをようやく世間に向けて発信できるな、って嬉しかった。

――言いたくても言えなかったこと?

Matt やっぱり、僕はデビューしたときから“桑田真澄の息子”だったから。僕がどんなふうに育ってきたかを話すと、父につなげた答えが大抵返ってきてしまうんです。そもそも、僕に投げかけられる質問自体、父の話になりがちですからね(笑)。もちろん父から受けた影響もたくさんありますけど、家族としていちばん長い時間を過ごしてきたのは、やっぱり母。父の行動の裏に、母の思惑が反映されていることもたくさんありますし、僕にとっても、家族にとっても、母はとても大きな存在なんだってことを、ようやく話せるのは新鮮だし、うれしいです。
次のページ>>野球をやめるときは幼いなりの“繊細な葛藤”があった  
29 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ