編集部|ピープル

ラグビーW杯日本代表&医学部合格の福岡堅樹『自分を信じる力』1月31日に発売!

トップアスリートは、いかにして医学部に合格したのか

そこに特別な才能は必要なかった。では、彼が唯一大事にした“あること”とは

pattern_1

Amazon「ノンフィクションのスポーツ」カテゴリで何度も1位を獲得!

記憶にも新しいラグビーワールドカップ2019の日本代表として、歴史的快挙となるベスト8進出に大きく貢献した福岡堅樹。「別格だったマグニフィセント・セブン(豪華な7人)」にも選出され、その年の流行語年間大賞に選ばれた「ONE TEAM」の中心選手として世界から注目を集めた。

そして公言し続けた「医師になる」という道を進むべく、2021年に順天堂大学医学部を受験し見事に合格。まさに「文武両道」を実現した福岡堅樹の初となる著書『自分を信じる力』が2022年1月31日(月)についに刊行!

決断に迷い、不安を感じてあと一歩が踏み出せない人へ

人生の武器になる「自分を信じる力」を手に入れられる一冊

pattern_1
「いつでも人は変わることができる。そう信じているからこそ、努力に意味が見出せる」

トップアスリートは、いかにして医学部に合格したのか――
そこに特別な才能は必要なかった。彼が大事にしてきたことは、「自分と状況を俯瞰する客観力」、「集中するための切り替え力」、「迷わないための割り切り力」、そして「自分を信じる力」だった。

決断に迷い、不安を感じてあと一歩が踏み出せない人が「自分を信じる力」を手に入れられる一冊に。

『自分を信じる力』目次の抜粋

全国の書店およびネット書店で絶賛発売中!

pattern_1
第1章 成長の限界を決めない
人との出会いで能力は開花する/心の「拠りどころ」を見つける/逆境を乗り越えたときに人は強くなる

第2章 自分を客観視する
自分の行動を「言葉」にする習慣をつくる/「やりたいこと」の中から「得意」を生かす/自分の力で変えられないことは思い悩まない

第3章 割り切る勇気を手に入れる
夢を叶えるためなら切り捨てるべきものもある/「後悔しない選択は何か」を自らに問い続ける/「切り替え」を駆使して集中力を高める

第4章 目標はいつ変わってもいい
目標には「締め切り」を設定する/「あきらめる」のではなく、「次の目標に移る」/「目の前の目標」と「人生の目標」を見誤らない

第5章 「ONE TEAM」で学んだこと
発想の転換でネガティブ思考をポジティブ思考にする/運は努力でコントロールできる/集中力を高めるルーティンを身につける

第6章 自分に合った勉強法を見つける
自分にフィットした勉強法を信じて実践する/「できない自分」を許す/目標を2つ持つことで、心のバランスをとる

第7章 社会の中で輝く歯車になる
ときとして組織の方針に従わない勇気を持つ/「完璧」も「強さ」も求める必要はない/異なるものを鏡として自分を知る

第8章 信じた道をまっすぐ走る
「自分にしかできない生き方」を探し続ける/「好き」こそが最大の原動力になる/後悔のない過去を積み重ねていく

トークショーや記者会見の「全文掲載」記事も公開中!

刊行を記念して行われた記者会見とファン向けトークショーの内容の全文書き起こし記事を掲載中。著書『自分を信じる力』の刊行舞台裏エピソードや、ファンからの素朴な疑問にも回答してくれました。

福岡 堅樹/Kenki Fukuoka

pattern_1
1992年、福岡県出身。ラグビーワールドカップ2019でオールブラックスのボーデン・バレットらとともに「別格だったマグニフィセント・セブン(豪華な7人)」に選出され、歴史的快挙となるベスト8進出に大きく貢献。2021年に順天堂大学医学部に合格し、現在は医師を志す同大学の1年生。5歳からラグビーを始め、高校時代には第90回全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)に出場。 2016年、パナソニック ワイルドナイツに加入。2021年に引退した後、埼玉パナソニックワイルドナイツのアンバサダーに就任。
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ