ピープル
神崎恵「もう、メイク落としていいですか?」

神崎恵「人生の中に散らばっている悔しさを燃やしてパワーに変える」【もう、メイクを落としてもいいですか? vol.32】

美容家・神崎恵さんによる連載「もう、メイクを落としてもいいですか?」。第32回目は「SNSは最後のページに」という題でお届けします。

vol.33「笑って 食べて 寝て」

月曜の朝。
三男を幼稚園に送りとどけ、ジムへ直行。 毎週、慌ただしいスケジュールの始まりには、みっちりとトレーニングで汗を流し、頭の中をスッキリさせることにしています。週の半ばの仕事終わりにも同じくトレーニングをいれていて、週の後半に向け、溜まった頭の疲れを放出するよう意識しています。

 「疲れている時に運動ですか? 余計に疲れませんか?」と聞かれることもあります。

確かに、家事や息子たちとの遊びや用を済ませていると、休日は平日より忙しいことがほとんどで、疲労感で言ったら、休日のほうが実はしんどい。月曜の朝は、這うような気持ちでベッドを出て、「あー疲れたなー」と呟つぶやきながらお弁当作りに入ることが多くて。
でも、だからこその朝トレ。何も考えず、ひたすら体を動かす。そうすると頭の中がすんと澄んで、気持ちがいい。思考も行動も前向きになるという、素晴らしい作用もついてくる。このトレーニングがキツければキツいほど、終えた後の爽快感は格別で、「あー疲れた」が「あー気持ちよかった‼」に変わる瞬間です。トレーナーが「頭の疲れは運動で。体の疲れは睡眠で」と言うくらいだから、この実感は確かなわけです。

何かを決断する時にも、私はある程度運動したり、睡眠をしっかりとった後と決めています。体や頭が疲れていると、正しい判断ができない。前向きに物事を考えることができなくなったり、たまたまそこに居合わせた強い力に引きずられてしまうことがあると実感しているからです。どんな状態であれ、正しく前向きな決断ができることが理想ですが、まだまだ私には難しい。今まで生きてきた中でも、たった「疲れ」で、大きな後悔をする決断をしてしまったこともあるのです。

だからこそ、できるだけ、頭も心もクリーンな状態でいること。これは仕事をする上でも、人生においても、とても大事にしていることの一つです。
次のページ>>先日、新刊の出版記念で…  
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ