ピープル
神崎恵「もう、メイク落としていいですか?」
04.Jul.2019

【神崎恵連載】vol.5「自分の色」【もう、メイクを落としてもいいですか?】

vol.5「自分の色」

「明日からは、思い切り自分を表現したファッションで登校してくださいね!」

久々に心躍った言葉。これは、長男の大学の入学式で、学科を担当される先生が新入生たちに贈った中のひと言。美大という特色はあるけれど、この言葉に、「なんていい学校に入ったんだろう」と母心に思った。

自分を表現する。

ひとは、大人になる中で、この楽しさを失くしてしまうように思う。忘れてしまうのか、あえて色を消していくのか。まわりに馴染もう馴染もうとする今という時代の中で、久々に鮮やかで勢いの
あるこの言葉に胸が熱くなった。
確かに、馴染むというのは、安心感がある。まわりと同じ色、同じ行動をしていれば、攻撃されたり批判される可能性は低くなる。読者のみなさんや20代の友人と話していても「自分らしさはほしいけれど、浮くのは怖い」という話をよく聞く。自分の色を出して、ネガティブな言葉を投げられたり、叩かれたりするのが怖いということらしい。

自分を否定される。この痛みはよくわかる。

そんな言葉を浴びた日には、自分という存在が、価値のないものに思えてくる。自分が懸命に守ってきたものや積み上げてきたものさえも、くだらないものなのかもしれないと思い始め、とにかく心の端々から感じる痛み。SNSが盛んになり、だれもが気軽に発言したり、書き込みができる今、さらにその痛みは身近になっているのだと思う。
わたしも、「そんないらない痛みを感じるくらいなら、馴染んだほうがいいのでは?」と思っていた頃がある。本当は着たいものを諦め、言いたい言葉を飲み込み、まわりに合わせる。でもその度に、感じる違和感。自分という色が褪せていくのを感じた。そして、自分らしさというものが、
さらに見つけにくくなった。ベーシックな色へ自分を馴染ませていくことで、ときめきや自分を生きるという実感は薄れていく。

***

攻撃されにくいけれど褪せた毎日を選ぶのか? 少々の棘はあっても鮮やかな毎日を選ぶのか?

その両方を経験したうえで選んだのは、自分の色を味わい生きるということ。自分の好きを見ないふりはしない。自分の生き方を自分なりに生きる。

次のページは>>もちろん、ときには心ない言葉が耳に届くし、責任も必要。

28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ