ピープル
あの人に会いたい!

【SixTONESインタビュー】Vol.1 田中樹さん編を公開!【だからteam SixTONESはやめられない!】

圧倒的なカリスマ性を持ちながらも、すぐ近くで笑い合っているような魅力が満載。スタイリッシュなモードがよく似合うオーラが溢れまくりなのに、やんちゃな「男子感」にきゅんとくる......。

高い音楽性もトークもぜーんぶまとめて、一度触れたらトリコになってしまうこと間違いなし! 今、最も「一生ついていきたくなる」最強の男たち、SixTONES。

本日無事、全国ツアー『Feel da CITY』の完走を遂げ、8日にリリースするニューシングル『わたし』が早くも話題のSixTONESにクローズアップ! with4月号に掲載されたインタビューを限定公開いたします。

SixTONES – わたし [YouTube ver.] / Watashi [YouTube ver.]

第一弾はコトバを操る鋭才! 田中樹さん編

第一弾は、昨年に続きミュージカル『DREAM BOYS』への出演が控えている田中樹さんをピックアップ! シャープなワードセンスにも定評のある田中さんはまさに、”コトバを操り未来を見据える鋭才”。ぜひじっくりとお楽しみください。

Q:SixTONESの一員でいるからこそ伸ばせたと感じるスキルや経験は?​
互いに信頼して役割分担ができている。
だから嫉妬なんて感情はない


メンバーがそれぞれの長所を伸ばし続けられたから、みんなの個性が伸びたんでしょうね。俺はどのグループにいても、好きなラップや喋りをやっていたと思うけど、それだけじゃ普通は上手くいかないんですよ。たまたま俺の得意分野を貫くってスタイルが、SixTONESとマッチしたと思ってます。あと、俺、できないことってやらないんですよ。だってそれは他のメンバーができるから。ジュニアの頃は自分が前に行きたいって気持ちが強かったけど、今は役割分担ができてるからメンバーへの嫉妬もない。ちゃんと自分がスポットライトを浴びる瞬間をみんなが分かっているんです。
Q:SixTONESの原点を感じる場所は?
シアタークリエ。結成した場所だし、ライブを最初にやったのもここ。小中学生の頃からずっと一緒に居た奴らと、グループになれたのはやっぱり嬉しいですね。お互いのこと分かってるし、それが独特のチーム感に繋がってるのかも。

team  SixTONESとは
「チーム」である
家族、友達、恋人ともまた違う、同じ目的を達成するために集まったチーム! チームという言葉以外では表現できない関係。
次のページ>>同じ職場に好きな子がいたら田中さんはどうする?
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ