ピープル
あの人に会いたい!

片岡愛之助「僕って意外と、OLさんと似ているかも」良縁を引き寄せるちょっとあざとい秘訣とは?

その後の反響は周知の通り。片岡愛之助の名前は、歌舞伎ファン以外にも知れ渡った。良縁は、誰が運んできて、どこで巡り会えるのか?

それを事前に知ることはできないのだから、日頃から目の前の人や仕事と真剣に向き合う意識を持つことが大切だ。

「僕が先輩方から教わってきたのは、努力すれば誰かが必ず見てくれているということ。役名もセリフもないような端役でも、毎公演、全身全霊で挑みなさいと。OLさんの場合も、例えば会社で雑用ばかりを任され、それがやりたかった仕事とは違っても、自分なりの工夫や美意識を注いで取り組めば、周囲は必ず見ているもの。

結果、その努力を見ていた人から、大きな仕事を任せてもらえるかもしれません。だから、おいしくない仕事こそ、全力で頑張ってみる。あざとい言い方かもしれませんが、それが良縁を引き寄せる秘訣かもしれませんね」
pattern_1
人一倍の野心やエゴを持っていなくても、不安を感じる必要はない。自分のやるべきことに集中すれば、自然と道は開ける。

「下積み時代から、主役になりたいと思ったことは一度もないんですよ。僕は一般の家庭から歌舞伎界に入って、とにかく技術を覚えることが大変で、高望みする余裕がなかった。

今でも、『やってみたい役柄』を聞かれると困るんです。主役でも脇役でも、僕の任務は誰よりもその役を愛して取り組むこと。次はどんな役柄と巡り会えるか、楽しみで仕方がないですね」
pattern_1

【PROFILE】

1972年生まれ。大阪府出身。81年、十三代目片岡仁左衛門の部屋子となり、片岡千代丸を名乗り初舞台。92年、片岡秀太郎の養子となり六代目として片岡愛之助を襲名。2020年は大河ドラマ『麒麟がくる』や、ドラマ『半沢直樹』など話題作に出演。
撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリスト/九(Yolken) ヘア&メイク/青木満寿子・山崎潤子  取材・文/浅原聡 ※再構成 with online編集部 
22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ