ピープル
いい男に会いたい!
19.Aug.2020

【高杉真宙】自粛期間中はゲーム時間が大幅減!? 新たに始めたことって? 家の居心地を良くするためのマイルールは…

浜辺美波さんと横浜流星さんがダブル主演を務める、日本テレビ系連続ドラマ『私たちはどうかしている』(毎週水曜 後10:00)。累計発行部数200万部超の同名漫画が原作で、老舗和菓子店を舞台に繰り広げられるラブ・ミステリー作品です。

ドラマ放送を記念して、和菓子店に入ったばかりの見習い職人で、素直で明るい好青年・城島裕介役を演じる高杉真宙さんにインタビューを実施! 前編では役への思いや役づくりなどについて伺いましたが、後編では、自粛期間の過ごし方や部屋のこだわりなどについて語ってもらいました。

自粛期間中はマンガやゲーム三昧と思いきや……?

pattern_1

――自粛期間中はやっぱり、家でマンガやゲーム三昧だったんですか?


「それが、そうでもなくて。ドラマや映画を観たり、小説を読んだりしている時間が増えました。何事にも適量ってあるんでしょうね(笑)。マンガは新刊が出たら読んでいたけど、ゲームをする時間は大幅に減りましたね」

――最近読んでおもしろかった作品は?


「少年マンガだと『シャドーハウス』で、少女マンガだと『シックスハーフ』にハマったなあ。あと、『僕と君の大切な話』がすごく好き! 1話が衝撃的だったんですよ。高校生の男女が、駅で電車を待ちながら横並びに座って淡々と会話するだけなんです。こんなマンガあるんだ、と思っていたら学校編も始まって登場人物も増えていったんですけど、基本スタイルは変わらなくて。あれはぜひ男子にも読んでほしいですね。あと『A子さんの恋人』もよかったな。ジャケ買いしたんですけど、絶妙に毒があって、年齢が上がれば上がるほどわかることが増えていくんだろうな、っていう感じがすごくいい」

――マンガやゲームの時間が減った分、新たにやってみたこととか、ありました?


「さすがに料理はしましたね。軽く、ですけど……(笑)。あ、でも和菓子をつくってみたんですよ。すごく簡単なおまんじゅうですけど。それは結構おいしくできましたね」

――え、すごいじゃないですか!


「包餡が好きだから(笑)。地道な作業を無心でやるの、性に合うんですよね」

――じゃあ、プラモデルづくりとかも好きだったり?


「たまにつくりますけど、趣味って言えるほどでもないですかね。それより、よくやっているのは、いらないプリントを指で切り裂いていくことですね。最近はシュレッダーを買いましたけど、前は結構な枚数をひたすら一人で裂き続けていました(笑)」
次のページ>>「家の居心地を良くするためのマイルール」  
35 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ