ピープル
いい男に会いたい!
19.Jun.2019

ジェジュン「ライヴでファンの皆さんと会うまでは、本当に、片思いしている感じです。」

ジェジュンさんの“今”に迫るインタビューをお届け!「普段音楽をほとんど聴かない」「今は歌の練習はほとんどしない」というジェジュンさん。その理由や、ソロとして活動するということについて語ってくれました。

世界から取り残されるそんな焦りも経験した

不思議なことに、彼は普段音楽をほとんど聴かないという。レコーディング前やライヴの時などは、もちろん徹底して自分の音楽の世界に浸るけれど、長くエンタテインメントの世界で様々なことを学んだせいか、一旦音楽に刺激されると、そこから想像力が広がって、「あれもやりたい」「これもやりたい」と歯止めが利かなくなるというのがその理由だ。

「音楽は好きだけれど、どちらかというと、“聴く”より“表現する”ものになっているのかもしれません。家でも、好きなアーティストの曲を聴いたりはしないんですよ。移動中とかに、『音楽が欲しいな』と思ったら、同じ車に乗っているスタッフに、『何か好きな音楽かけて』と言います。

真面目に音楽を聴いてしまうと、イメージが色々湧いて、頭の中がぐちゃぐちゃになるんです。今の僕は、音楽とステージが直結してしまっているから、突然、演出家とかプロデューサーの血が騒ぎ出す(笑)。『へぇ、こんな感じの曲いいな』『歌ってみたいな』って思ったら、いてもたってもいられなくなるんです。

だからたとえば、日本でのライヴツアーが終わって、韓国でドラマの撮影に入るとしますよね。韓国でのドラマ撮影は、だいたい5ヵ月ぐらい拘束されます。その5ヵ月間、歌わないし、流行りの曲も一切聴かない。役に集中するために、音楽をシャットアウトするんです。

ただ、そうやって、芝居と音楽をきっちり分けると、今度は音楽の世界に戻ってくるとき、不安になったりもする(苦笑)。自分が、時代の流れに取り残されてしまったらどうしよう、とか(笑)。でも、世間から取り残された焦りは、兵役に行っているときに一番感じていたかもしれないです。あのときも、ファンの皆さんは、忘れずに僕のことをちゃんと待っていてくれた。

ファンの皆さんと再会して、僕は、『この人たちを喜ばせ、幸せにすることなら何だってやろう!』と思いました。あの覚悟があったからこそ、今があります。離れていたからこそ、本当の意味で愛が深まった感じがしたし、僕自身も強くなれた。だから今は、人生で、全ての経験は無駄じゃなかったんだなと思えるんです」
pattern_1

次のページは>>「今は歌の練習はほとんどしない」というジェジュンさん。その理由とは……?

22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ