ピープル
いい男に会いたい!
28.Nov.2020

【ジェジュン BLACK編】光と影、増していく両方の魅力を写真たっぷりでお届け!

【ジェジュン】何気ない日常に、愛おしさは宿る vol.2

久しぶりにwithに登場してくださったジェジュンさん。

本誌を“輝き満ちた明るい世界「WHITE編」”と、増刊を“暗闇を感じさせるダークな世界「BLACK編」”ということで、同じセットを使用しながら異なるコンセプトで撮影を敢行し、見ごたえ・読みごたえのある内容で大反響をいただいています!

今回は12月号増刊版のルポタージュをお届けします。撮影の様子をたくさんの写真とともにお楽しみください!
pattern_1
ニット¥56000、コート¥292000、パンツ¥62000、シューズ¥94000/Neil Barrett( ニール バレット ギンザシックス)

《Reportage》BLACK編

pattern_1
この日は、通常版のニットバージョンの撮影を先に終えてから、この“ザ・ロックミュージシャン”といった雰囲気の漂うオールブラックなスタイルへ。さっきまでの柔らかい表情はどこへやら。キリッと引き締まった目元と口元に、モニターを見つめるスタッフから、思わず「カッコいい~」とため息がもれる。

白のニットバージョンでは、並んだ椅子の中を歩き回ったり、好きな椅子に座ってもらったりと、自由演技も楽しげだったが、黒バージョンでは、並んだ椅子の前で立ちポーズを撮影したあと、全ての椅子が即座に倒され、スタジオは一気に退廃的な雰囲気に。手や足を少し動かすだけでもダンスをしているような優雅さ。
pattern_1
途中、ジェジュンさんに、乱雑に重ねられた椅子の真ん中に座ってもらい、フォトグラファーが脚
立に乗って、上から撮影を敢行。バランスを取るのが難しそうなのに、床から足を離して、小さな椅子の上で四肢を絶妙に動かして、まるで宙に浮いているようなポーズを披露。

周りが「危い!」と心配すると、「大丈夫、大丈夫」と、わざと足を曲げてみたり。無茶をしたあとは、必ずいたずらっ子のように笑うのだった。
pattern_1
次のページ>>光と影、その両方の魅力がさらに増したような印象  
32 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ